JBL 2332 and 2352 (3)
下の画像はPEAVEY社の米国特許6059069号に掲載されている図1です。


c0143750_2241853.jpg


上の特許図面は煩雑で理解しにくいので作図してみました。
下の図は普通のコニカルホーンです。
スロートから80°の広がり角度を持っています。

c0143750_22412198.jpg



下の図はPEAVEY社の米国特許に基づいて作図したウェーブガイドホーンです。

c0143750_23122471.jpg


このウェーブガイドホーンは、スロート部(赤)とベル部(黒)の2つの部分を有する複合ホーンです。
ベル部のコニカルホーンは、両壁面の延長線がスロート口の中央で交差する点で普通のコニカルホーンとは異なります。

スロート部は半径R(青)の円弧をもつ曲面で構成されています。
この円弧の半径はtanθを用いた簡単な連立方程式でももとめられますが、この図のように作図からもとめることもできます。
半径Rの円弧の中心角度はコニカルホーン部の広がり角度の半分の角度になります。
この例では広がり角度は80°ですから、円弧の中心角度は40°になります。
このため交点Aから70°の角度をもつ線を描き、この線がスロート口の延長線と交わった点までの距離が半径Rとなります。


下の図は広がり角度が大きくなるにつれてスロート部が小さくなる様子を描いたものです。
広がり角度は60°、80°、100°です。

c0143750_0124297.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2012-02-28 22:41 | JBL Horn
<< DIY Speaker (48) JBL 2332 and 23... >>