<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
DIY Speaker (43)
リカバリー作業の終了後フリースの生地の張り方を検討しました。
何度も何度も張りなおす。

c0143750_1772311.jpg


4分割で張るのは難しく、思い切って大きな1枚で張ってみました。
フリースの1辺のサイズは120cm以上がよいと思います。
このフリースには中央に穴をあけます。
穴の直径は180mmと型材の穴の直径と同じがよかった。

c0143750_1775567.jpg


布の生地の織り目の方向をきちんとホーンの上下方向と揃えます。
最初に穴の周囲をタッカーで固定。
それから同じテンションで引っ張りながら外縁をタッカーで固定してゆきます。
何度もやり直しながら張り加減を均一に。

c0143750_1781098.jpg


皺もなく綺麗に張れました。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-31 17:08 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (42)
カッターでエポキシ樹脂で固めた伸縮布を切除。
紙管はサランラップ(cling film)で覆われているのでフリースは紙管にくっつかず簡単にはずせました。

c0143750_132665.jpg


ドライヤーで加熱しながら丁寧に剥がしてゆきます。
リカバリー作業はどんなものでも時間がかかるものです。

c0143750_134035.jpg


短気をおこさず、ゆっくりじっくり。








c0143750_1711261.jpg


今回のDual Directivity Circular HornのプロジェクトはALTEC MR94、M94Aの影響が大きいです。
音が素直でありホーンキャラクターを感じさせません。

MR94、MR94Aは複合型コニカルホーンです。
スロート部、第1ベル部、第2ベル部、第3ベル部から構成されています。
スロート部から第3ベル部まですべてコニカル型。

スロート部もコニカル型である旨はU.S.Patent 4187926にも記載があります。

この米国特許にはこんな記載があります。
"The separation between walls 15a and 15b of the throat section at their juncture with bell section walls 21 and 22 should be no greater than the wavelength of sound at the highest frequency to be controlled.
It is also important to note the divergence angle between walls 21 and 22 is substantially greater than that between walls 15c and 15d, and that the vertical mouth dimension may be made greater than in a normal horn designed for the same coverage angle.
This enables better vertical directivity control at low frequencies of interest in a speaker of normal physical proportions."
(ベル部壁面21、22と連結しているスロート部壁面15a、15bにより形成されている間隙の幅は、指向性コントロールを受ける最も高い周波数の波の波長の長さよりも幅広くなってはならない。
また、ベル部壁面21、22の広がり角度は、スロート部壁面15c、15dの広がり角度よりも十分に大きいことが重要である。
これにより標準的なスピーカーにおいて重要な低い周波数のより良い垂直指向性制御が可能となる。)

こうした記載を参考にしながらDual Directivity Circular Hornを設計しています。

また、Dual Directivity Circular Hornが円形であることは"By employing a square mouth, it is possible to achieve equal horizontal and vertical directivity roll off in the low frequency range of the horn."(ベル部開口を正方形にすることにより、ホーンの低域側における垂直指向性と水平指向性の均一なロールオフ特性を達成できる。)と同等の効果を期待できます。

他にも"The use of planar sides for the bell section of the horn minimizes "waistbanding" effect (i.e., spillover of radiation or sidelobing).
The use of a bell section adjacent to the mouth of the horn which diverges at a greater angle than the main bell section minimizes beaming in the midfrequency range of the particular horn."(ベル部に平坦面を用いることにより"ウエストバンディング効果"(即ち、望ましくない側方への音の放射あるいは側方における指向性のローブ)を最小限にすることができる。
ベル部開口直前に主ベル部(第1ベル部)よりも広がり角度の大きなベル部(第2ベル部)を設けることにより、当該ホーンの中域におけるビーム現象を最小限にすることができる。)という効果もあります。

複数のスピーカーを使用する場合に重要になってくる-6dB落ちの範囲や、側方への指向性ローブを減少させることなどは、ホーンキャラクターとは関係ないと思われがちですが、そうではありません。
こうした特性もホーンキャラクターに影響を与えています。
理想的なホーンに近づくためには様々な要素を1つずつ改善する必要があります。
定指向性というのもそうした要素のひとつにすぎません。

Dual Directivity Circular Hornのプロジェクトは、定指向性ホーンを製作するということではありません。
定指向性ホーンがもたらした新たなホーンの考え方。
それをおしすすめてみたい。

定指向性ホーンの出現からすでに30年。
その後のウェーブガイドホーン等の現代的なホーン理論を参考にしつつ、ホーンの設計を自由度の高いものにしようというのがテーマのひとつです。
これから少しずつ説明してゆきますね。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-28 01:03 | DIY Speaker | Comments(0)
SHIMANO ACERA-X FH-M290-7NT
自転車の記事は自転車はどれも銀色に移動しました。


PanasonicのMountain Catの後輪が空回りするようになりました。
ワンウェイクラッチというかフリーという部品がおかしい。
調べてみるとこの部品だけネットショップで入手できることが分かりました。
約1500円。
工具や部品、修理のノウハウも全部ネットで入手できる便利な時代。



c0143750_1852734.jpg




下の画像の17という部品です。
交換作業は簡単。

ついでに11-28Tのスプロケットも購入。
1000円ぐらい。
Mountain CatはそのうちBBを交換するのでそのときにスプロケットも交換予定です。


c0143750_18523611.jpg




c0143750_23461969.jpg




修理したMountain Catで秋の山道をパトロール。
自転車は音がしないのがいい。
落ち葉を踏む乾いた音が楽しい。

山栗と団栗を拾いました。
山栗が14個、団栗は15個。



c0143750_1853152.jpg




自転車に乗り始めて5ヶ月弱。
体重は11kg減。
100km走ってもそんなに疲れなくなりました。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-26 18:53 | Bicycle | Comments(0)
DIY Speaker (41)
硬化完了。
しかし、この画像の下側の部分が歪んでいます。

c0143750_1954301.jpg


凸凹(でこぼこ)になっています。

c0143750_1954419.jpg


部分的な凸凹ならドライヤーで温めると柔らかくなるので修正可能です。
しかし、広範囲が歪んでいる場合には修正不可能。
基準面がないため、パテで修正することもできません。

という次第で、伸縮布+エポキシ樹脂作戦は失敗。
失敗の原因は伸縮布が薄すぎるためだと思います。
勉強になったなぁ…

フリースの生地+ポリエステル樹脂+ポリパテの方法を試してみようと思います。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-24 19:54 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (40)
エポキシ樹脂の塗布作業をしました。
主剤2と硬化剤1の重さで混合します。
実際には主剤80gと硬化剤40gです。

最低目盛0.1gの電子計量器を使用。
この計量器に主剤や硬化剤が付着してしまったので、次回はサランラップで覆うようにしたいと思います。

混合した主剤と硬化剤の攪拌は割り箸を用いて約3分間行いました。
割り箸は短めに持つとこぼれません。

容器はポリプロピレン製の容量230mlのカップをダイソーで購入。
3つで100円。
その他、ダイソーでは薄いゴム手袋と床に敷く180cmx180cmのビニールシートを購入しました。

c0143750_1634310.jpg


エポキシ樹脂は薄めていないペンキのような粘度でした。
刷毛で染み込ませるように塗っていきます。
わずかに皺ができましたが、これはパテ等で簡単に修正できる程度のものでありうまく行ったと思います。
あとはこのまま変形せずにカチンカチンに硬化してくれることを祈るばかり。

c0143750_1643552.jpg


エポキシ樹脂で濡れているためか透過光が妙に綺麗です。

c0143750_16444149.jpg


部屋の暖房をつけて硬化を待ちます。
待ちながらハイのホーンをCADであれこれ。
これやってると時間がたつのを忘れる。

c0143750_20491678.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-10-22 16:04 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (39)
エポキシ樹脂として日新レジン株式会社のクリスタルレジン(1.5kgセット)を購入しました。
amazonで6720円。
ポリエステル樹脂に比べるとかなり高価です。

c0143750_1226052.jpg


この製品を選んだのは収縮率が0.08%と小さいため。
エポキシ樹脂は収縮率が小さいそうです。
以前購入したポリエステル樹脂の場合はこの収縮率が大きかったためか伸縮布の一部が凸凹(でこぼこ)になってしまいました。

















並べると見分けがつかない…

c0143750_1254136.jpg


妻が仕事でP100を持ち出すことが多くなってきた。
広角から望遠までカバーするし軽いのが気に入っているらしい。
仕方がないのでP100の後継機種であるP500を購入。
amazonで25800円と購入価格はP100と同じ。

P100の26-678mm(35mm換算)から22.5-810mmにズーム域が拡大されている。
F値はやや暗くなっているが、これはズーム域の拡大に応じたもの。
画素数は10.3メガピクセルから12.1メガピクセルにシャッタースピードは1/2000から1/1500へ。
似たようなもの。

P100はなかなかでした。
撮るのが楽しい。
用途はブログ用がほとんど。
室内でも手ぶれせずに撮れるのがありがたい。

エキサイトでは500KB以上の画像をアップすると自動で圧縮するため2Mサイズ(1600x1200)、FINEモードをソフトでさらに圧縮したものが事実上の最高画質となってしまう。
それでも24インチモニターで楽しむには十分。
自転車が綺麗に撮れました。

P500もP100と同様に楽しめると思っています。
ズームの動作が少しスムーズになった。
ボディの左側部に増設されたズームノブの練習をしないと。

ところでP100の耐久性はどうだろう。
妻のカメラの扱いは過酷だ。
今まで多くのニコンが破壊された。
一番強靭だったのは銀塩のF70Dだった。
外装がボロボロになったのに退役するまで故障しなかった。
D50は先日レンズ内部のパーツが脱落。
いつものサービスセンターで修理。
すでにP100は妻と共にインドネシアと被災後の東北に何度か出張している。
来週はタイだという。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-20 12:26 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (38)
もう一方に布を張ってみました。
今度はOKです。

伸縮布の大きさは50cmx50cmでいいと思います。
OLFAのロータリーカッターL型41Bでカットしました。

フロントバッフルの四隅の部分には3Mのスプレーのり55を塗布したため皺ができません。

c0143750_13274371.jpg


紙管は木工ボンドで接着してあります。
直径75mmの紙管の位置決めのために長さ67mmの板を紙管の根元とリアバッフルの間に挟みこんであります。
直径105mmの紙管の周囲にはサランラップ(cling film)が巻いてあり、さらにその外側には薄いフェルトが巻いてあります。
サランラップ(cling film)はエポキシ樹脂が紙管にくっつかないようにするため。

c0143750_1327575.jpg


この薄いフェルトは伸縮布と接触している部分だけエポキシ樹脂により固められます。
ホーンの内側から伸縮布に塗りつけたエポキシ樹脂がフェルトまで浸透するということです。

c0143750_13281298.jpg


スロート口周辺も仕上がりました。
エポキシ樹脂硬化後に浮いている布は切除します。

c0143750_1328251.jpg


FRPの形成作業が容易にするため仮の脚部を取付けました。
ボルトナットで固定されているため取外し可能。

c0143750_13283999.jpg


各脚部は2枚のスペーサー板と1枚の脚板と2組のボルトナットから構成されています。
スペーサー板により脚板がフロントバッフルとの干渉を防止しています。

c0143750_1329212.jpg


最初に伸縮布をラフに張った方の張り直しも無事完了。
だんだん慣れてきました。










このホーン形式の名前を考えないと。
何がいいかな。

円形ホーンにもかかわらず水平指向性と垂直指向性を独立して設定できるホーン。
円形ホーンは"circular horn"だよね。
水平指向性と垂直指向性は"horizontal and vertical (beamwidth) directivity"。
とりあえず"Dual Directivity Circular Horn"と命名しよう。
僕のイニシャルは"D"だしね。

c0143750_23181053.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-10-16 13:29 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (37)
木工作業が終了したのでレオタード用の伸縮する布をラフに張ってみました。
継ぎ目が目立ちますが、そういうのは改善できると思います。

c0143750_15552792.jpg


上右、上左、下右、下左の4枚の布を使用しています。
分割することにより、ホーン面が曲面になってしまうことを防止しています。

それぞれの布は正方形でサイズは50cmx50cm。
ちょっと大きい。
48cmx48cmぐらいだろうか。

c0143750_1555418.jpg


テーマは円形ホーンにおける複合コニカル。
あるいは円形ホーンと角型ホーンとの融合ということです。
このタイプのホーンは今迄見たことがありません。

複合コニカルを採用したのはALTEC MR94、MR94Aの音が気に入っているから。
この複合コニカルを円形ホーンに再現できたのはホーン面を伸縮性のある布で構成しているため。
これに型材を押し当てると自由な形状を形成できる。

水平方向はスロート側の急な角度のホーン面と開口側の広い角度のホーン面。
そして垂直方向はその中間の角度のホーン面。
複数のコニカル面によりホーン臭さが減少するというのは定指向性ホーンの開口部側の考え方と同じです。
ミッドベースなので定指向性ホーンのスリット部を省略したということです。

このホーンは円形ホーンにもかかわらず水平方向と垂直方向の指向性を調整できるというメリットがあります。


c0143750_1661122.jpg


直径105mm、長さ500mmの紙管と直径75mm、長さ820mmの紙管を使用しています。
まだ接着しておらず、単に太い方の中に細い紙管を差し込んでいるだけ。

c0143750_15555225.jpg


うまくいくように布の張り直しを何度かすることになると思います。
まだ布は10mぐらいあるのです。
買いすぎました。

c0143750_15562065.jpg


円形ホーンの内部に平坦面が形成されているのです。

c0143750_15563134.jpg


天板と底板はこんな形状です。
奥行き寸法は支柱部の323mmよりも3mm短い320mm。
3mmの隙間にフロントバッフル裏面の布をとめた部分がかくれるようにします。
この隙間はパテ等で埋め込んでしまう予定。

c0143750_15564189.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-10-13 15:56 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (36)
長さ323mmの断面L字型の支柱部でフロントバッフルとリアバッフルを連結しました。
この支柱部は323mmx105mmx12mm/シナ合板と323mmx50mmx12mm/シナ合板の組み合わせです。

c0143750_1743567.jpg


支柱部はフロントバッフルとリアバッフルの端面から12mmオフセットして接着されています。
これは厚み12mmの天板と底板を取付けるスペースを確保するためです。

フロントバッフルの裏面側方には補強材(750mmx20mmx10mm)を接着しフロントバッフルのそりを修正。

c0143750_1745578.jpg


支柱部は323mmx105mmx12mmにある2つの穴は仮の脚部を取り付けるためのものです。

c0143750_1751147.jpg


c0143750_17282121.jpg






使用している紙管はこれ

c0143750_20312167.jpg


テーマは円形ホーンにおける複合コニカル。
あるいは円形ホーンと角型ホーンとの融合。
[PR]
by kiirojbl | 2011-10-12 17:05 | DIY Speaker | Comments(0)
DIY Speaker (35)
リアバッフル板(870mmx420mmx12mm/シナ合板)の中央には直径180mm、スペーサー板(450mmx380mmx4mm/MDF)の中央には直径226mmの穴が開いています。
スペーサー板はリアバッフル板に小さな木ネジで取り外し可能に固定されています。
うむむ、他人事のような解説。

c0143750_14521929.jpg


使用しているボルトはすべてM5ボルト(長さ30mm)とT型ナット。
スピコン固定用だけはM4ボルトです。

c0143750_14523523.jpg


ボイスコイル径が4インチもある1008-8HE BWXのダストキャップは本当に大きい。
1008がニコニコ笑っているように見えなイカ?

リアバッフル板の穴の縁(表側のみ)はトリマーで丸めてもらいました。

スペーサー板はサラウンドがリアバッフル板の裏面と接触するのを防止します。
スペーサー板の厚さが4mmと厚いのは、樹脂に固められた伸縮布の厚みを考慮しているから。

c0143750_14525933.jpg


左右の補強材は870mmx35mmx12mm。
上の画像ではまだ取付けていません。

この補強材はリアバッフルのそりを修正するため。
重くなりすぎるのを避けるため薄い合板を修正しながら使います。

c0143750_1583263.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-10-07 14:53 | DIY Speaker | Comments(0)