<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
JBL MD49 and MD46
MD49はJBL社のMarquis Dance Club Seriesのフルレンジシステムです。
サイズはH1524mmxW561mmxD657mmという大型スピーカー。
90°x50°のウェーブガイドホーン部は90°回転配置可能であり、横置きもできます。

c0143750_17485973.jpg


クロスオーバーユニットが付属していないマルチアンプ用の4wayシステムであり、ユニット構成は以下の通りです。

Low 2265H 15inch woofers x2
Mid CMCD-82H mid-frequency driver
High 2432H compression driver
Super High ST400 super tweeters x2

2432Hは最近のJBLシステムに多く使用されている3インチ径チタンダイアフラムのコンプレッションドライバー。
CMCD-82Hは2169Hに製品番号338471-001というフェージングプラグを組合わせたもの。
ちなみにCMCD-81Hも2169Hに338471-001を組合わせており、82Hと81Hの差がなんであるのか理解していません。
CMCD-82HについてはAEシリーズのAM7200/95の、また81HについてはSRX738のテクニカルマニュアルをご参照ください。




想定されているクロスオーバー周波数は、270Hz、2.7kHz、10kHz。
フェーズプラグを備えているCMCDは2kHz以上のクロスを想定しているようです。
同じ2169Hを使用しても、フェーズプラグなしのダブルのMD2のような構成では1kHz程度になっています。

Highを受持つホーンが小さいと高域側をがんばらないといけないですし、
ダブルにすると許容入力は大きくなるものの、高域側が干渉により伸びないという事情もあるのでしょう。





下の画像のシステムはMD46です。
MD49の姉妹機であり、ウェーブガイドホーン部は60°x40°の指向性を持ちます。
ホーン部を見比べると異なる形状を確認できます。

90°の指向性を持つホーンと60°のホーンを比較した場合、受持ちエリアに均一の音圧を提供できるかという点からは90°ホーンの方が設計が難しいです。
また、JBLがこの帯域でコーン型を採用しているのは許容入力の確保という意味もあるとは思いますが、ダイレクトラジエターのコーン型ウーファーとの音質の整合性という点もあると思います。
Midホーンの低域側は軸上のレスポンスが徐々に低下しているような特性のホーンの方がこの目的には沿う。
そういうことを考えていると90°ホーンに興味をもってしまいます。


c0143750_17515218.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-09-29 17:49 | JBL System | Comments(0)
GENTOS SG-355B SF-552X3 SF-153X3
自転車の記事は自転車はどれも銀色に移動しました。


以前、GENTOSのSG-305を使用しており閃シリーズの扱いやすさに好感を持っていました。
しかし、SG-305は紛失してしまい、今回自転車ホルダー付きのSG-355Bを購入。
SG-355Bはなかなか明るく、また、小型軽量でデザインも良く、大変気に入り、結局3本も購入してしまいました。
それからSF-552X3とSF-153X3も購入。

c0143750_0443183.jpg


アルミの銀色の地肌のものがSF-153X3、中央がSF-552X3、手前の小さいのがSG-355Bです。
153X3と355Bは単四電池3本、552X3はCR123Aリチウム電池が2本。
何れもフォーカスコントロール、点滅機能付き。

明るさのカタログ値は355Bが100ルーメン、153X3が150ルーメン、552X3が250ルーメンです。
3機種の実際の明るさの差は、このカタログ値の数値の差がそのまま反映されているように思えます。

355Bの100ルーメンという明るさは数年前のフラッグシップであったSF-501と同等です。
501が高価なCR123Aリチウム電池を3本使用していたことを考えると、これは大変な進歩です。

c0143750_0444436.jpg


いつものLK-014Lを加えテストと称して4灯同時点灯。
う~む、無駄に明るい…

014Lの中央部のスポット光部分は552X3よりも明るいです。
しかし、そのスポット光部分の照射範囲は非常に狭い。
このため、014Lで遠方をサーチ(何を?)し、近距離は552X3、または、153X3+355Bに任せるというのが正しい使い方になるのでは。
いや、正確にはLEDライト偏愛者における正常な使い方ということですね。
なお、552X3と153X3はそれぞれBikeguyのライトホルダーと組合わせて装着しています。





552X3と153X3はamazonで異常に安かったため購入。
2020円と1340円でした。
翌日には正常なお値段に戻っていたのでこの価格は誤表示だったのでしょう。

552X3のようにCR123Aリチウム電池を使用するLEDライトを購入したのは初めてです。
電池が高価なため敬遠してきました。
それにLEDライトは進歩が速いため高価なものを購入してもすぐに陳腐化します。
552X3の明るさも数年すると単四×3本や単三×2本のライトで実現することでしょう。
[PR]
by kiirojbl | 2011-09-27 00:44 | Bicycle | Comments(0)
JBL Marquis Dance Club Series
2011年9月11日、新しいマーキス(マークゥィス)シリーズが発表されました。
機種は以下の通り。

MD1 ultrahigh-frequency module (2 x JBL Selenium ST400 super tweeters)

MD2 horn-loaded 8-inch mid-high-frequency module (2 x 2169H Differential Drive® mid-frequency transducers and one 2453H-SL compression driver, 90-degree horizontal coverage and up 20-degree and down 30-degree vertical coverage

MD3 horn-loaded low-frequency module (2 x 2265H Differential Drive lowfrequency transducers)

MD46 4-way quad-amplified full-range system (2 x 2265H 15-inch woofers, CMCD- 82H mid-frequency driver, 2432H compression driver and two ST400 super tweeters; 60 x 40-degree coverage pattern)

MD49 4-way quad-amplified full-range system (2 x 2265H 15-inch woofers, CMCD- 82H mid-frequency driver, 2432H compression driver and two ST400 super tweeters; 90 x 50-degree coverage pattern)

MD52 2-way full-range system (12-inch 262H Differential Drive woofer, 2408H-1 compression driver operating into a 90 x 50-degree Progressive Transition™ horn)

MD55 2-way full-range system (15-inch 265H Differential Drive woofer, 2408H-1 compression driver operating into a 90 x 50-degree Progressive Transition horn)

MD7 subwoofer (2 x 18-inch 2269H Differential Drive subwoofers with four- inch, dual-voice-coil, dual-gap Vented Gap Cooling drivers)


c0143750_22125024.jpg


上の画像のシステムは、ツィーター部のMD1、ミッド及びハイ部のMD2、ホーンローディドウーハー部のMD3(2台)、サブウーファー部のMD7(2台)を組合わせたものです。
巨大な5ウェイ。
想定されているクロスは80Hz、300Hz、1.2kHz、8kHz。

c0143750_2213655.jpg


ツィーター部のMD1はJBL Selenium ST400を2つ用いたもの。
許容入力が200Wもあります。
ST400の解説はこちらを。
セレニウム社とJBL社の関係はこちらを。

オーディオマニアもブランド名に惑わされるうちはまだまだ半人前。
オーディオ雑誌の読みすぎで聴いて判断することを放棄しているのが多すぎる。
例えば、デジチャンの場合、同じ機能なのに何故ベリがダメで高価なdbxがいいんだい?とのたもうた米国のPAレンタル屋の親爺。
さらっとこういうことが言えないとこの先は難しい。


c0143750_22541641.jpg


ミッド及びハイ部はMD2
おぼえてるかな?Dance5と似たような構成です。
ミッド部のユニットは2169H、フェイズプラグなしでのダブルドライバー。

ハイ部は2453H-SLという新型コンプレッションドライバー。
1.5インチ径スナウトレススロート部、4インチ径ダイアフラム。
ただし、この2453H-SLのダイアフラムに関しては、ダンプド チタニウム ダイアフラム(damped titanium diaphragm)とか、ダンプド ラミネート ダイアフラム(damped laminate diaphragm)と説明されている。
樹脂フィルムをチタンダイアフラムにラミネートしたものではないだろうか。

c0143750_23403152.jpg


MD3はディファレンシャルドライブの15インチコーン型ユニット、2265Hを2発備えています。
"horn-loaded"と記載されているだけなので、どのようなホーン形式なのか現在のところ不明。
なお、箱のサイズは1143x599.8x762.5mm、重さは76.2kg。

2265Hの画像を探してみたらここに掲載されていました。

c0143750_081966.jpg


サブウーファー部のMD7は2269Hをダブルで搭載。
最初、上の画像を見たときにはV字型バッフルだと思ったのですが、下の画像を見ると、2つの2269Hは平行面に向かい合わせに配置されているようです。
EV社のManifold Technologyと同じ考え方ですね。
パンフレットによるとこの構造は低歪率を目的にしたものだそうです。

2269Hについてはこちらを。


c0143750_08124.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2011-09-20 22:01 | JBL System | Comments(0)
Dahon Route
自転車の記事は自転車はどれも銀色に移動しました。


小径折畳み自転車がほしくなり、DahonのRouteを購入しました。
ネット通販で37800円、送料と防犯登録無料。

色はポリッシュを選びました。
実物はヘアライン仕上げ。
しっとりと落ち着いた感じがしてなかなかです。
薄紫のラインもきれいです。

c0143750_193554.jpg


せっかくの記念撮影なので前後フェンダーを取り外してみました。

c0143750_1941292.jpg


ギヤはフロントが52T、リアが6速の12-28T。
この自転車を楽しめる速度域を考えると悪くないと思います。
ブレーキはよくききます。

c0143750_194298.jpg


タイヤは20×1.75。
1.75という幅はMountain Catと同じ。
タイヤ径が違うのに似たような乗り心地です。
バルブは英式でした。

c0143750_1944656.jpg


折畳みは簡単です。
Raychellの20インチキャリーバックという収納バッグを購入。
かなり余裕があります。
バッグに入れて持ち上げてみると結構重いです。
それとシートポストがちと短い。

c0143750_195092.jpg


グリップはエルゴンのGP1(HBG10000)、LEDライトはGENTOSのSG-355Bを取付けました。

c0143750_1951648.jpg


一番気になっていたのはフレームの連結部。
しっかりした造りでした。
ガタはありません。
でもダートを激しく走るのは避けようと思います。

フレーム上部にボトルケージ用のネジ穴があります。
ボトルケージ用取付けネジは付属していません。

c0143750_1952798.jpg


折畳んだ状態を維持するオプションのマグネット。
本体との同時購入で1000円でした。
バンドや紐で十分代用できます。










c0143750_1623857.jpg


c0143750_17253067.jpg


自転車は毎日乗れない。
無理すると脚の関節を痛める可能性がある。
乗れない日はなんとなくヒマなのです。
ずっと囲碁から遠ざかっていたけど、最近COSUMIにはまってます。
9路盤で勝ったり負けたり。
[PR]
by kiirojbl | 2011-09-12 19:05 | Bicycle | Comments(0)
OGK CLIFF
自転車の記事は自転車はどれも銀色に移動しました。


夕方の川原、秋の気配を感じます。
頭を冷やして風邪をひくのは困るのでヘルメットを買ってみました。
OGK KABUTO社のCLIFFです。

c0143750_2118679.jpg


フリーサイズのヘルメットで付属のパッドで大きさを調整するタイプです。
そのままかぶってぴったりでした。
安価ですが安っぽくない。
落ち着いたデザイン、仕上げもいいです。

c0143750_21182050.jpg


GentosのHW-888H
を付属のゴムベルトに換えて取付けてみました。
ヘルメットを艶消しの黒にしたのはLEDライトをつけても作業用ヘルメットみたいに見えないようにするためです。
前方から見るとザク、後方から見るとガンダムのイメージ。
さあ、夜ポタに出かけよう。
[PR]
by kiirojbl | 2011-09-06 21:18 | Bicycle | Comments(0)