<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
QSC SB-1521 Subwoofer
QSC社のSB-1521は、Digital Cinema Speaker Seriesのサブウーファー
21インチユニットを搭載しています。
ユニットは、6インチ径ボイスコイル、インピーダンスが4Ω、そしてこの外観。
これではないかと。
ざっとですが実効容積は400Lぐらいだと思います。
解説には、聴くことはできないが感じることが出来る最低域までも再生する、と記載されています。


c0143750_1235292.jpg


箱の四隅にダクトを設ける場合、ユニットはバッフルの中央に正確に配置。
このような配置によりユニットの背面にかかる圧力を均一化することができる。
このためハイパワー再生時において磁気ギャップの中央からコイルがずれるのを防止できる、とのこと。

大口径ユニットと巨大な箱、目に心地よいです。
なんとなくこのスピーカー、ニコニコ笑っているように見える。
そろそろ危ないかもね、というか手遅れぴょん…


c0143750_1612042.gif



読売日本交響楽団の名曲シリーズ年間会員券を購入しました。
サントリーホールでの1年間12公演分。
お値段は28000円(1公演分2333円)と格安。
席はオーケストラ背面のP席(podium席)です。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-31 01:23 | QSC
McCauley Sound Inc. M421
McCauley Sound社のM421は強力な21インチユニットを4発搭載しているサブウーファーシステム。
このため連続許容入力は12kwになっています。
なお、21インチユニットはネオジム磁気回路を搭載し、ボイスコイル径は6インチ。
Cutsheetには"Isobaric"と表示されているので、ユニットは2発一組で配置されていると思います。
大きさは1864.36mm x 586.74mm x 1117.6mm、重さ220.41kgと巨大。
縦横の比率は違いますが、アップライトピアノぐらいの大きさ重さです。

c0143750_16212068.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-30 16:19 | McCauley Sound
Danley Sound Labs TH-221
Danley Sound Labs社はTapped Hornの総本山のようなスピーカーシステムメーカー。
TH-221はシネマ用サブウーファーの同社フラッグシップであり、21インチダブルのTapped Horn。
ユニットはB&Cの21SW150だね。
Tapped Hornは超低音の再生が得意とか。
このTH-221は、22Hz~180Hzを-3dBで再生できるようです。
いやぁ、大したもんだね!

Tapped HornについてのDanley Sound Labs社の解説はこちらを。
Tapped HornのDIYについては、こちらこちら(左欄のTapped Hornsをクリック)を。
なお、Tapped Hornに類するアイディアはかなり以前からあり、新しい技術ではないと思います。



c0143750_21335749.jpg









このプロジェクトは、結局、どうなったんだろう?



ホバークラフトの4つの足がある。
離陸の際には問題はないように思うが、問題は着陸時の安定性か。
着陸時の地面効果を和らげるような仕組みが必要ではないか。

c0143750_235355.jpg


飛行機と飛行船のあいのこのアイディアは昔からあるけどうまくいかない。

























.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-29 21:34 | Tapped Horn
Suntory Hall Openhouse Concert
家族でサントリーホールのファミリー向けコンサートに行ってきました。
エデュケーションプログラムのため無料。

c0143750_13354247.jpg



オーケストラもオルガンも素晴らしかったです。
家族ともども大変満足しました。
公開リハーサルも見ることが出来ました。
コントラバス群の直上の至近距離(RA席)で聴くオーケストラはやはり凄い。
そして、スピーカーは巨大でなければならないという想いを新たにしました?
ホールから出ようとすると妻が昔の知人にばったり会いました。
その方はなんとサントリーホールの支配人なのでした。

c0143750_1612042.gif



オーケストラ・コンサート
指揮:大河内雅彦さん
演奏:慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ
演奏曲目
ワーグナー:楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲
アンダーソン:プリンク・プランク・プルンク
ビゼー:オペラ『カルメン』第1幕への前奏曲
チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』から「花のワルツ」


オルガン・コンサート
オルガン奏者:浅井美紀さん
演奏曲目
J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV578
C.フランク:天使のパン
アラン:リタニー




















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-28 15:49 | Suntory Hall
JBL 5732 & 5742 (1)
JBL 5732 & 5742 (2)
JBL 5732 & 5742 (3)


2010年3月16日に発表されたJBLの新しいシネマシステム。
従来のスクリーンアレイシリーズの上位シリーズになり5000番台の型番が与えられています。
構成機種は3ウェイの57324ウェイの5742の2機種。

c0143750_22294410.jpg


5732(上の画像)は15インチ(2226HPL)をダブルで搭載。
なお、HPLの"PL"はProtector Lessの略であり、磁気回路の磁石の周囲を覆うカバーを備えていない。
ミッドは8インチCMCDに採用されている2169H。
いわずと知れたネオジムディファレンシャルドライブの3インチ径ボイスコイルを搭載した化け物ユニット。
ハイは4インチチタンダイアフラムの2452H-SL。
2451Hの高域特性を改善し19kHzまで±3dBという特性を持つ。
クロスは250Hzと1.3kHz。

2169Hによるミッドの許容入力が700Wと強化されており、このシリーズをしてJBLがHigh Powered Screen Arraysと呼んでいる理由が分かる。
また、JBLの2226Hに対する信頼は厚く、2010年のこの新製品にも採用するほどだ。
2226Hには、他に4ΩのGタイプと16ΩタイプのJタイプがあるが、3機種ともにパラメータが厳密に一致しているところが凄い。
2226というシリーズ全体として金がかかっている。





c0143750_22295425.jpg


5742(上の画像)は18インチ(2242HPL)をダブルで搭載。
この2242Hと箱の組み合わせは5749と呼ばれている。
サブウーファー用として開発されたものか。

ミッドは、2169Hを4発使用しているが、これはミッドローとミッドハイの2つのレンジに分けられている。
すなわち、下方の2発の2169Hがミッドローであり、上方の2発がミッドハイである。
ミッドローとミッドハイのクロスは550Hzと表示されているが、実際にはスタガードライブのような態様である。
下の画像は米国特許7027605号のもの。
506Lがミッドロー、504Uがミッドハイ、502Cがミッドローとミッドハイの合成特性。

c0143750_23152297.jpg


このシステムの場合には、デジタルチャンネルディバイダーで制御されるため、この米国特許に掲載されているようなネットワークは搭載していないと思われる。
なお、この手のネットワークをどうしても作りたいのであれば4732に似たようなのが搭載されている。
ハイは2452H-SL。
クロスは220Hz、550Hz、1.3kHz。

この5742はサブウーファーを組み合わせるのだろうか。
もしかしたら21インチをJBLが開発中とか。
また、デジチャンの設定値を知りたい。
ミッドのスタガー風クロスのテクニックを学びたい。

c0143750_23572838.jpg


上の画像、2452H-SLじゃなくて、2432Hが搭載されているような。
それにしても、またもや悩ましいミッド部の登場。
5742-M/HFのお値段が気になるなぁ。







ランシングヘリテッジから
廃物利用というか隙間家具
密閉の方が似合うような。
本物を半分にしなくてもDIYで作れそうだね。

c0143750_1121163.jpg


21インチウーファーやMR94と組み合わせるとこんな具合。
210のホーン開口高さは150cm 、ホーン長は75cm、横幅を半分にするとホーン幅は40cmもあればいいのでサブロクで作りやすい。
米松合板ならDIY店で格安で入手できる。
おそらく1万円もかからないのでは。
奥行きが足りない場合は、ユニットのお尻とぶつからないように、背板の取り付け方や形状(磁気回路とぶつからないような逃げを作る等)を工夫すればいい。

c0143750_1462277.jpg


ホーン開口高さを160cmにして、21インチのダクトスペースとのバランスをとってみた。
役割としてはミッドローなのでホーン長は短めにして奥行きをやや浅くしてもいいね。
補強は少なめにして箱鳴りを楽しみたい。

c0143750_17175542.jpg


MR94のドライバーはBMSの4594NDを使用し4ウェイにしたい。
同軸ドライバーなので外観がうるさくならないし、300Hzから使える。

c0143750_2234023.jpg


片目っていうのもなかなかカッコいいな。

c0143750_23141817.jpg


21インチダブルにしてみた。
迫力ありそうだけど工夫がなくてつまんないな。

c0143750_21481373.jpg


V字型バッフルはどうか。
う~ん。
























.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-26 22:29 | JBL System
BMS 4580ND (1)
4580NDは、2010年3月22日に発表されたドイツBMS社の1.4インチ径スロートのコンプレッションドライバー。
ネオジム磁気回路、77mm径ボイスコイルを有する環状ダイアフラムを備えています。
ダイアフラムの材質はポリエステル。


c0143750_05217.jpg



マルチウェイを推し進め受持ち帯域を限定してゆくとドライバーは別の表情を見せはじめる。
荒れた雰囲気が消え落ち着いた力強さが出てきたり、逆に弱さがなくなり精緻でかっちりとした音に変化する場合もある。
300Hz以上を5つの帯域で分割するとドライバーに関する世評はほとんど参考にならない。

この4580NDは通常の4インチダイアフラムと3インチダイアフラムの中間的な口径だと思う。
リング状ダイアフラムだから、ダイアフラムは3インチ径ボイスコイルの外側にも広がっている。
JBL2446HとJBL2431Hの間の帯域を受持たせてはどうか。
ホーンはGPAのMRⅡ594AB&CのME90がいいかなぁ。
またもや悩ましいドライバーが出現してしまった。



4580ND Specification

Throat diameter: 1.4" (36 mm)
Nominal impendance: 8 or 16 Ohm
Power capacity (AES): 120 W
Peak Power: 400 W

Sensitivity
CD Horn 90° x 75°, 1 W / 1 m: 113 dB
Frequency Range: 500 - 19000 Hz
Recommended Crossover: 700 Hz
Voice Coil Diameter: 3" (77 mm)
Magnet Material: Neodymium
Voice Coil Material: Copper Clad Aluminum
Voice Coil Former: Kapton TM
Diaphragm Material: Polyester


















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-26 00:05 | BMS Driver
BMS 15CN890
15CN890は、2010年3月16日に発表されたドイツBMS社の3ウェイ15インチ同軸ユニット。
すでに発売されている15CN860の姉妹品。
同軸型ドライバー部は、90mm径ボイスコイルを備えた環状ダイアフラムによるミッド部と、44mm径ボイスコイルを備えた環状ダイアフラムによるツィーター部を搭載しています。
推奨クロスは800Hz、6300Hzです。

c0143750_1224413.jpg


15CN860が60°の円錐型ウェーブガイドホーン搭載しているのに対し、15CN890は90°のを搭載。
15CN860のホーン直径は210mmでしたが、275mmと非常に大きくなりました。
同軸の王者の風格を感じるね。

c0143750_12307.jpg


上の画像が15CN890、下の画像が15CN860です。
ホーン長は15CN860が1cm長い。

c0143750_1231222.jpg



15CN890 Specification

Application: Transducer
Nominal Impendance: Ohm 8 / 8 or 16
Power handling AES noise: W 1000

LOW FREQUENCY
Sensitivity (1 W / 1 m): dB 98
Freqency response: Hz 40 - 22000
Vioce Coil Diameter: mm 101.6 (4")
Voice Coil Winding Depth: mm 22
Magnet Gap Depth: mm 10
Voice Coil Material: Cu
Basket: Cast Aluminum
Effect. diaphragm diameter D mm 320

HIGH / MIDDLE FREQUENCY:
Middle range (AES): W 150
Peak Power: W 1000
High range (AES): W 80
Peak Power: W 320
Sensitivity (1 W / 1 m): dB 113
Middle Freqency range: Hz 700 - 7000 Hz
High Frequency range: Hz 6000 - 22000
Recommended Crossover: Hz 800, 6300
Voice Coil Diameter: mm 44.4 (1.75") high 90 (3.5") middle
Magnet Material: Neodymium
Flux Density: T 2.0
Voice Coil Material: Copper Clad Aluminum (2 layers in and outside the VC)
Voice Coil Former: Kapton TM
Diaphragm Material: Polyester

Resonance Frequency: Fs Hz 46
DC Resistance: Re Ohm 5.70
Mechanical Q Factor: Qms 3.5
Electrical Q Factor: Qes 0.30
Total QualityFactor: Qts 0.27
Equivalent Volume: Vas L 102
Moving Mass: Mms kg 0.106
Mechanical Complience: Cms mm / N 0.113
BL Factor: BL Tesla m 24.28
Effective Piston Area: Sd m² 0.0804
Max. linear Excursion: Xmax mm +/- 6
Voice Coil Inductance: Le1k mH 0.8 Le10k mH 0.56




c0143750_661111.jpg


マランツPS3001を2台購入。
新品。
2万ぐらい。
これでPS3001は3台になった。

c0143750_6383274.jpg


c0143750_6335859.jpg


オーディオテクニカのフォノイコも購入。
ベリンガーのを購入しようとしたらサウンドハウスで在庫切れ。

c0143750_6231444.jpg


先日、玉川田園調布という妙な名前のコードをamazonで購入、DCX2496のVersion1.15を1.16に書き換えた。
-48dB/octを使用すると、1.15はちときびしい。
6台あるうち、1台がこの1.15であり、4台が1.16、残りの1台が1.17。
1.16と1.17の違いは何だろう?
今度はLINKっていうのをやってみようかな。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-24 12:03 | BMS Coaxial
CIARE NDC 21-5
NDC 21-5は、2009年5月に発表されたCIARE社のネオジム磁石搭載の21インチウーファー。
ボイスコイル径が5.3インチ(135mm)ある強力なユニットです。
トッププレート周囲の冷却孔、ダブルスパイダー、サンドイッチボイスコイルを備えています。

同時に発表されたNDC 18-5Sとはバスケットのデザインが異なります。
多数のスピーカーシステムメーカー向けに様々なデザインを提供できるとか。
開発能力に余裕あり!ですね。

コーンの頂角が妙に深いような気がする…
凄い音がするかも。

c0143750_20491024.jpg


最近発表された21インチウーファーの中ではRCF社のLF21N451が安いです。
380ドル程度
いよいよ21インチウーファーが18インチのアッパークラスと同等の価格帯に入ってきました。
21インチダブルのスタジオモニター風とか、誰か作らない?
急がないと、グタグタ言ってるうちに人生終わっちゃうよ。




Nominal Diameter 21" - 530 mm
Nominal Impendance 8 Ohm
Nominal Rdc 6,2 Ohm ±0,4 Ohm
Power handling (AES) (*) 1500 Watt
Max Power 3000 Watt
Voice Coil Diameter 135 mm 5,30 in
S.P.L. (1w, 1m) 97 dB ±1,5 dB
Nominal Fs 27 Hz ±3 Hz
Flux Density 1,25 T ±0,07 T
Frequency Range 20-1000 Hz
Sinusoidal Test Voltage 20 V

Weight 12,3 kg
Overall Diameter 540 mm
Overall Depth 248 mm
Baffle Cut Diameter 491 mm
Mounting holes number 8
Mounting holes diameter 6,3 mm
Mounting bolt diameter 518 mm

Frame Material Aluminium
Voice Coil Former Fiberglass
Voice Coil Wire Copper
Cone Material Doped Paper
Cone Shape Straight
Surround Material Doped Nomex® fabric
Surround Shape Three waves
Suspension Material Doped Nomex® fabric
Magnet Type Neodymium
Magnet Weight 1090 g

Qms 18,93
Qes 0,35
Qts 0,34
Fs 32,20 Hz
Re 6,22 Ohm
Mms 349,58 g
Cms 0,07 mm/N
Bl 35,70 T*m
Sd 1662,00 cm2
Vas 270,82 liter
u0 2,53 %
XMax 12,75 mm
Le 1,47 mH
Rms 3,74 Kg/s
Efficiency Bandwidth 93,29



















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-15 20:49 | CIARE 21
DIY Turntable 2 (4)
68アームの慣らし中ですが、プラッターを自作するとどうなるかを検討中。

c0143750_21202884.jpg


68アームは取付け方法に自由度があるため、巨大なプラッターと組み合わせることができます。
厚さ3cm、直径60cmのアクリル製プラッターの重量を計算してみると、約10kg。
慣性質量は、半径の2乗に重さを乗算し、2で割るそうですから、4.5トン・cm2となります。
マイクロSX-8000Ⅱが3.5トン、ヤマハGT-2000のYGT-1が3.6トン。
テクニクスSP-10Ⅲなどは1.1トンと論外。
慣性質量は半径の2乗と重さの乗算ですから、重さよりも直径が重要。

YGT-1の重さが18kgもあることに気付いたのがきっかけ。
ダイレクトドライブってプラッターを重くするとサーボ系に問題が出るとか…
この程度の重量や慣性質量ならいいということかしら?
ならばPL-30Lでも可能かもね、という訳なのです。

PL-30Lのプラッターにアルミ円板やステンレス円板を数枚載せて約7kgにし実験をしてみました。
立ち上がりがやや遅くなるぐらいで問題なし。
68アームの懸架方法の検討、全体のデザインの練り直しと、1年か2年は設計を楽しめそうです。
これで音が良くなるのかは?ですから、実現するかどうかは神のみぞ知るですけど。

c0143750_20381083.jpg


直径50cm程度(質量7kg+アルミトッププレート、慣性質量2.2トン~2.5トン)なら少々の改造ですみます。
250mmのリニアシャフトを新たに磨かなくてはならないものの、この案はちと安直。
しかし、こんなんでも見てくれは面白そうだから、これでいいかもね。

c0143750_02952100.jpg


PG601を2個増やせば、シンプルなSF2をこんな懸架タイプのアームに変更することができる。
200mmのリニアシャフトはそのまま。
パイジョンはなかなか綺麗なパーツなので、見栄えがするかもね。
これなら直径90cmのプラッターでも大丈夫だ。
慣性質量はカッティングマシンのプラッターをしのぐかも。

プラッターもアームもオリジナルなら、やはりモーターも考えてみたくなる。
ネットでモーターを調べてみるとネオジム磁石を搭載したコアレスモーターや超音波モーターなど面白そうなものが沢山ある。
PL-30Lのモーターって現代の技術水準から見るとかなりお間抜けな雰囲気。
どうしようかな。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-12 20:50 | DIY Turntable 2
CIARE NDC 18-5 S
NDC 18-5 Sは、2009年5月に発表されたCIARE社のネオジム磁石搭載の18インチウーファー。
ボイスコイル径が5インチ(125mm)ある強力なユニットです。
トッププレート周囲の冷却孔、ダブルスパイダー、サンドイッチボイスコイルを備えています。

c0143750_14584964.jpg


Nominal Diameter 18" 450 mm
Nominal Impendance 8 Ohm
Nominal Rdc 5,2 Ohm ±0,4 Ohm
Power handling (AES) (*) 1000 Watt
Max Power 2000 Watt
Voice Coil Diameter 125 mm 5,00 in
S.P.L. (1w, 1m) 99 dB ±1,5 dB
Nominal Fs 38 Hz ±4 Hz
Flux Density 1,2 T ±0,07 T
Frequency Range 40-1000 Hz
Sinusoidal Test Voltage 15 V
Weight 11,6 kg
Overall Diameter 460 mm
Overall Depth 202 mm
Baffle Cut Diameter 416 mm
Mounting holes number 8
Mounting holes diameter 7 mm
Mounting bolt diameter 440 mm

Frame Material Aluminium
Voice Coil Former Fiberglass
Voice Coil Wire Aluminium
Cone Material Doped Paper
Cone Shape Straight
Surround Material Doped Nomex® fabric
Surround Shape Three waves
Suspension Material Doped Nomex® fabric
Magnet Type Neodymium
Magnet Weight 900 g

Qms 13,74
Qes 0,25
Qts 0,25
Fs 37,60 Hz
Re 5,27 Ohm
Mms 218,03 g
Cms 0,08 mm/N
Bl 34,87 T*m
Sd 1164,00 cm2
Vas 156,21 liter
u0 3,19 %
XMax 11,70 mm
Le 1,46 mH
Rms 3,75 Kg/s
Efficiency Bandwidth 149,66


















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-12 14:47 | CIARE 18