<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
JBL 4660
三次元的な音圧分布を考慮して開発されたシステムがJBL社の4660です。
この特徴的なホーン部分の発明者は、定指向性ホーンの生みの親であるドン キール ジュニア氏です。
テクニカルマニュアルは、こちら(4660)こちら(4660A)

c0143750_1662484.jpg


キール氏の特許というと、定指向性ホーンの原理を確立した米国特許4,701,112号です。
この特許の出願日は1975年9月30日。
その後、EV社からJBL社に移籍し、バイラジアルホーンの米国特許4,308,932号を取得します。
特許出願日は1980年5月6日。
なお、ALTEC社のマンタレイホーンの特許は、1978年12月8日に出願されています。

このような指向性制御技術は、この4660により、さらに次の段階に進むことになります。
以下、キール氏の米国特許4580655号AESで発表した論文の内容をざっとご説明します。
例によって大誤訳&大誤解の可能性がありますが、単なるカタログ男のMR.Sound Only氏に正確な説明なんか到底無理なので笑って許してね。

一般的な定指向性ホーンは周波数帯域により指向性が変動しにくいという特徴を持っていますが、そのホーンの開口部から広がっていく波面(wavefront)の形状は球形です。
このため、1つのスピーカーで客席エリアをカバーしようとすると、スピーカーに近い客席では大音量となる一方、遠い客席では音量が不足する。
そこで、キール氏は客席エリアに均一の音量を提供できる定指向性ホーンを開発することにしたそうです。

c0143750_15561841.jpg


上の斜視図はキール氏のAES論文に掲載されていたものです。
スピーカー(4660のホーン部分である2346+2425J)は、長方形状に分布する客席エリア前方側の天井に取り付けられています。
そこから斜め下方に音を放射します。
床面からスピーカーまでの高さをHとすると、客席エリアの幅は2H、客席エリアの奥行き方向の長さは2.75Hになることが示されています。
普通のスピーカーなら、スピーカー直下の客席ではうるさくなり、遠くの客席では音が小さくて聞き取りにくいということになってしまいます。
4660は、幅2H、奥行き2.75Hの客席エリア内のどこでも同じ音量で聴こえるそうです。


c0143750_1549327.jpg


FIG.2B(図2Bのことです)は横方向から見た説明図であり、客席の前後方向の分布が符号30で示されています。
図2Aは、天井の上空から見下ろした説明図です。

最初に垂直方向の指向性の説明から。
ホーンは角度28の垂直指向性(図2B)を持っており、この角度は客席エリアの前後長30に対応します。
この垂直指向性は図3に示されている2つの対向する壁面40の相対角度22(図3では50°と表示されていますね)により決定されます。
なお、その下流に位置する2つの対向する壁面42(図3)は、図1に示す16、18の部分であり、定指向性ホーン特有の急激に広がる部分です。

c0143750_15495111.jpg


次は水平方向の指向性。
図2Aは、客席エリアの前方と後方では必要とされる水平方向の指向性の角度が異なることを示しています。
客席エリアの前方では、角度32という比較的広いの水平方向の指向性が必要であり、一方、客席エリアの後方では、角度34という比較的狭い水平方向の指向性が必要となります。

図4は、ホーンの水平方向の断面図。
対向しているスロート壁面58によって間隙50が形成されています。
この隙間50の開放口22の側方には左右壁面20があり、開放口22から急激に広がっています。
このため、開放口22から放射される音波は、左右方向へ効率的に分散されます。
なお、間隙50の幅寸法は、そのホーンが用いられる最も短い波長と同等かさらに短い寸法なのだそうです。

図4の右側には、左右側面20が様々な角度で広がっていることが説明されています。
最も広い角度32に対応する左右側面20の広がり方から、最も狭い角度34に対応する左右側面20の広がり方まで、左右側面20の広がり方は連続的に変化します。

図1の側壁59や側壁61の領域については、上述したような左右側壁20の広がり方をしていません。
これは、図3における44と46の間の垂直方向の角度からは外れているためです。
しかし、図3に示す壁面42(図1に示す16、18の部分)は、44と46の間の垂直方向の角度から離れているため、図1に示す側壁59と側壁61に相当する部分に隙間を生じてしまいます。
この図面で示しているホーン10という具体例では、そうした隙間を側壁59と側壁61により封鎖したため、非常に個性的な外観を呈しています。


c0143750_2255921.jpg


上のレスポンスグラフは、0°から70°までの10°毎の垂直方向の音圧レベル(ホーンから等距離における)を示したものです。
(この垂直方向の角度は下の図面に表示されています。)

このグラフからは40°、50°、60°の音圧が高いことが分かります。
このため、スピーカーに近い客席方向への音圧は低く、一方、スピーカーから遠い客席に提供される音圧は高くなります。


c0143750_22345578.jpg

c0143750_2235181.jpg


上の(a)から(h)のグラフは、(a)0°、(b)10°、(c)20°、(d)30°、(e)40°、(f)50°、(g)60°、(h)70°の垂直方向の各角度における水平方向の音圧レベルの計測結果です。

c0143750_15561841.jpg


上の斜視図によると、(a)のグラフ(垂直指向性が0°)では90°という広い水平指向性が必要です。
一方、(h)のグラフ(垂直指向性が70°)では37.7°という狭い水平指向性が必要となります。
(a)から(h)へ、順に水平方向の指向性が狭くなっていることが分かります。

という訳で、4660はたった1台で客席エリアのどの位置においても略均一の音量と周波数特性を確保するという恐るべきスピーカーシステムなのです。
キール氏は、スピーカーという技術分野において、ランシング氏に並ぶ天才ではなかろうかと思っています。


c0143750_22563769.jpg





そして、4660のホーン部分がエベレストDD55000の開発のきっかけとなったたのはご存知の通り。
4660のホーンである2346と略同一と思われる2346-1ホーンの性能がどの程度のものか聴いてみたいものです。

このエベレストの素敵な点は、2346ホーンという業務用の当時の最新ホーンを家庭用として流用した点にあります。
自作スピーカーに業務用ユニットを導入するのと同じやり方です。
そして、4660の本来の目的や使い方とは全く異なり、ステレオの有効な音場エリアを拡張するという新しい目的や使い方を示している点が本当に素晴らしい。
こういうシステムが自作派のお手本になるシステムなのです。

c0143750_1663654.jpg


c0143750_17574055.jpg


2346ホーンの他の画像はこちらを。

c0143750_1622879.jpg


c0143750_16221877.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-12 16:06 | JBL System | Comments(0)
Electro-Voice HP9040
HP9040はEV社の大型定指向性ホーンです。
ALTEC社のMR945Aと図面だけで比較すると、ホーン長とスロート径が異なることが分かります。
さらに、両者の正面図におけるスロートの描き方を比べると、MR945Aでは普通のスロートにしか見えませんが、HP9040では水平のフィンが描かれていることが分かります。

c0143750_18312645.jpg



c0143750_18313828.jpg


HP9040とMR945Aのどちらがオリジナルなのかという点についてはEV社のHP9040がオリジナルであると考えています。
このスロートのフィンについてEV社は米国特許4,685,532号を取得しており、その特許図面に描かれているホーンが、このHP9040であると思われるからです。
この特許の発明者はDaivid W. Gunness氏、特許権者はEV社、出願日は1986年2月21日です。

下の画像が、その特許図面であり、上からホーン正面図、スロート口から見た様子、フィンの斜視図です。
符号31と33がフィンを示しており、43はフィンの間の隙間を示しています。

c0143750_18522495.jpg


スロート口のフィンについて、先のHP9040のスペックシートには"a special vaned waveguide throat detail gives the HP9040 unusually good high-frequency control."と説明がされています。
また、このカタログには「10kHz以上のビーミングを解消、20kHzまで均一な指向角度を保ちます。」との説明があります。

このHP9040には、もう1つ、特徴があります。
それは、このホーンが縦長のプロポーションを持っているということです。
それまでの定指向性ホーンは水平方向の指向性を重視するために、横長のプロポーションがほとんどでした。
HP9040は、むしろ垂直指向性を重視した作りになっているということです。
そして、スロート口のフィンも、垂直指向性を重視した結果、設けられたものだと思います。
この垂直指向性を正確に制御することにより、近くの客席が受ける音圧と遠くの客席が受ける音圧に大きな差が出ないようにホーンを設置することができます。

ところで、MR945Aのフロート口にフィンは付いているのでしょうか?
パンフレットにはフィンに関する説明がないため、おそらく付いていないと思います。
その理由は、1.4インチスロートだから高域のビーミングがそれほどでもない、それとも、特許の関係なのか、う~ん、よく分かりません。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-11 18:31 | EV Horn | Comments(0)
ALTEC MR945A
MR945Aは、1988年に発表されたALTEC社の大型定指向性ホーンであり、MR94/94A/94Bの後継機種になると思います。
1993年のカタログにはMR94Bと共に掲載されています。
そのカタログの説明文は"The MR425A, MR645A, MR945A are full size constant directivity horns similar in performance to the original Mantaray horns, but with softer beam edges."
「オリジナルのマンタレイホーンと略同等の性能を持ち、一方、ビームの縁はより滑らかです。」

c0143750_18473088.jpg


c0143750_1744855.jpg


MR945Aは、カタログページの一番下にレイアウトされており、その説明文にも「オリジナルのマンタレーホーンではない」という意味がこめられているのか…
MR945Aの素性はこちらをご参照ください。





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-10 16:58 | ALTEC Horn | Comments(0)
GPA 3184
GPA社の唯一の18インチウーファーです。
ALTEC社の3000番シリーズには3182と3184の2機種の18インチウーファーがありました。
しかし、3182はGPA社のプライスリストには掲載されていません。
おそらく推奨箱の大きさがデカすぎるからだと思います。
なお、3182の実効質量は144.04g、3184は116.2g。

c0143750_2333768.jpg


3184の推奨箱は12キュービックフット(約340L)のバスレフ箱です。
これでもかなりの大きさですね。
実効質量がかなり軽いため、最近の18インチウーファーとは異なる質感を味わえそうです。

3184に関するプライスリストのデータは以下のとおりです。
Our 3184 loudspeaker is priced at U$D 300.00 each. Each 3184 loudspeaker will be packed in a 22 in. x 22 in. x 10 in. box that weighs 30 lbs.

これでプライスリストに表示されていたGPA社のユニットはすべてご紹介しました。
「あのころの製品」が新品かつリーズナブルなお値段で入手できるのがうれしいですね。
GPA社にユニットの修理を依頼すると、追加料金なしで再着磁をおこなってくれるそうです。
良心的なGPA社の今後の発展をお祈りしております。
















ネームカードというのを貼り付けると、アクセス解析が表示されるというのでやってみました。
そのアクセス解析の検索ワードの第1位は、なんと「HLAホーン」だそうです。

う~ん、不思議。
HLA、未だに人気があるのかな…
でも、入手できたらこれはかなり遊べるシステムだと思ってます。

c0143750_23581448.jpg


HLAもいいけど、D31050のDIYホーンも素晴らしいね!






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-09 23:05 | GPA | Comments(0)
GPA 212-8A
212-8AGPA社の12インチ同軸型ユニットです。
磁気回路は604シリーズのように独立した2つの磁気回路を備えるタイプではなく、ウーファー側とドライバー側とが単一の磁気回路を共用するタイプです。

c0143750_1791497.jpg


ウーファー側は3インチ径ボイスコイル、ドライバー側は2.8インチ径ボイスコイル。
ドライバーのダイアフラムはアルミ合金製であり、エクスポーネンシャルホーンのスロート径は1.4インチもあります。
パンフレットには、N1500-8Aクロスオーバーネットワークと記載されていますが、プライスリストには、N604-8Aクロスオーバーが付属するとの記載がありました。

Our 212-8A loudspeaker (including one each N604-8A crossover) is priced at U$D 540.00 each. Each 212-8A loudspeaker will be packed in a 16 in. x 16 in. x 9 in. box that weighs 27 lbs., two crossovers will be packed in one 10 in. x 10 in. x 10 in. box that weighs 8 lbs.

以前ご紹介したALTEC社の現行製品であるCD1012-8A/60Tと非常に似ているように思うのですが、パラメータを比較すると微妙に異なります。
現在のALTEC社製品とGPA社製品はどういう関係なのでしょうか?





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-08 17:10 | GPA | Comments(0)
GPA 388-8/16A, 390-8/16A and 399-8/16A
GPA社の1.4インチ径スロート/2.88インチ径ボイスコイルのコンプレッションドライバーは、すでにご紹介した288Hの他に、388シリーズ、390シリーズ399シリーズの3機種があります。

c0143750_1958150.jpg


ALTEC社には、最終的に4種類のラージフォーマットドライバーがありました。

最も伝統的な第1のタイプは288シリーズです。
これは、アルミダイアフラム、タンジェンシャルエッジ。

第2のタイプは、許容入力の向上、低域側の再生能力を充実させるため、フェノリック樹脂(フェノール樹脂)のダイアフラムと同材質によるロールエッジを備えた290シリーズです。
なお、フェノリックダイアフラムを搭載した292シリーズというものあったそうです。

そして、第3のタイプである291シリーズが登場します。
これは、アルミ製タンジェンシャルエッジの耐久性を改善するために、カプトン製のロールエッジを備えたアルミダイアフラムであるSymbiotik(シンビオティック)ダイアフラム(500Hz~12kHz)を備えています。

さらに、最後期には第4のタイプである299シリーズが出現します。
これはアルミまたはアルミ合金製のダイアフラムとタンジェンシャルエッジから成るPascalite(パスカライト)ダイアフラム(500Hz~16kHz)を備えています。
パスカライトダイアフラムは、アルミダイアフラム並の音質と、その2倍の許容入力を持っています。

290/292を除く金属製ダイアフラムの解説はこちらを。

4種類のドライバーの比較のために、最後期のタンジェリンフェーズプラグ、3ボルト/4ボルト両対応の288-8L290-8L291-8L299-8Aの各パンフレットをリンクしておきます。

こちらはALTEC社のテックレター
288-8G vs JBL2440とか、290-4G vs JBL2482などのレスポンスグラフが楽しめます。

c0143750_18462177.jpg


少し脱線しますが、ALTEC社のラージフォーマットドライバーには906-8Aというドライバーがありました。
ステレオサウンド誌別冊ALTECに掲載されていた年表によると、906-8Aの発売は1986年、一方、299-8A、288-8L、290-8L、291-8Lの発売は1988年です。
このことから906-8Aは、これらALTECの4機種の後継機種ではないことが分かります。

調べてみるとEV社のDH-2012のラベルを貼りなおしただけというドライバー。
Altec社の年表によると、1985年にGulton industries社がAltec Corporationを買収し、Altec Lansing Corporationに社名変更。
そのGulton Industriesはエレクトロボイスの親会社だったため、EVとALTECが同じ会社の傘下に入ることになった。
そしてその翌年、今度はGulton industries社がMark IV Industriesに買収された。
DH-2012のパンフレットの一番上にMark IV companyと記載があり、この前身と思われるDH-1012AにはGulton companyと記載があります。

ところで906-8Aは3インチ径ダイアフラムとカプトンサスペンションの組み合わせだそうです。
面白いのは、906-8Aのパンフレットに1.4インチスロートという記載が無いこと。
そうだよね、エレクトロボイスのHRシリーズのスロート径は1.3インチとか1.29インチ。
0.1インチの差なら目をつぶりましょう、ということでしょうか。

c0143750_17242174.jpg


906-8Aの後、2003年ごろのパンフレットに300シリーズの399-8B/16Bが掲載されています。
2003年ごろのこの399Bは、すでに1998年に設立されていたGPA社が生産していたのではないかと思います。
この399Bは4156-8Aと同時期のドライバーになります。

399Aがあって399Bになったのでしょう。
これらは、末尾の2桁が"99"ですからパスカライトのダイアフラム。

300シリーズは、現代的なドライバーらしくスナウトレスになり低歪化と軽量化が図られています。
こうした現代的な設計をGPA社が行ったのか、それともALTEC社に残っていた技術者が行ったのか、全く分かりません。

GPA社のプライスリストには、以下のように記載されています。
Our 388-8A(16A) ceramic compression driver is priced at U$D 340.00 each
Our 390-8A(16A) ceramic compression driver is priced at U$D 360.00 each
Our 399-8A(16A) ceramic compression driver is priced at U$D 340.00 each
Each 300-series driver will be packed in a 10 in. x 10 in. x 8 in. box that weighs 22 lbs.

フェノリックダイアフラムのドライバーがほとんど姿を消してしまったため、390は非常に貴重です。
388はパンフレットが見つかりませんが、アルニコかフェライトかという点を除き288Hと同等であると思います。
失われたのは、シンビオティックの"91"系列だけです。

今でもALTEC社の3つのタイプのドライバーの選択ができ、さらに価格もリーズナブル。
夢が広がりますね。

それから、GPA社の390のパンフレットには"Great Plains Audio Model MR42C Horn"との記載があり、また、399のパンフレットには"GPA Model MRII594A Horn"という記載もあります。
プライスリストには表示されていないのですが、ホーンも作っているのかしら?










ブログパーツの自動翻訳というのをくっつけてみました。
"Horn material room where happiness is yellow"って、おいっ!
これは酷い、全然意味が分からんです…ガックリ。

中国語だと、幸福的黄色的喇叭、ダークサイド歓迎だって。
微妙に意味合いがずれてて面白いね。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-02 19:57 | GPA | Comments(0)
GPA 902-8/16A and 909-8/16A
GPA社の902シリーズと909シリーズは、ボイスコイル径が1.75インチのドライバーです。
何れもRADIAL WAVE(商標)というフェーズプラグを備えています。
ラジアルウェーブとタンジェリンフェーズプラグ、名前が違うだけだと思っているのですが、どうなんでしょう?
ALTEC社の902、909と同じなのではないかと思います。

c0143750_17431952.jpg


902と909の違いは、902が伝統的なアルミ製ダイアフラム、909がアルミ合金のパスカライトダイアフラムを備えている点です。
なお、エッジは何れもタンジェンシャルタイプ
パスカライトの方が強度が高いため、902の連続許容入力が15Wなのに対し、909は30Wです。

902909のパンフレットを見ていると、スペックの能率の欄に"GPA Model 511B Horn"という文言が掲載されています。
ホーンも販売しているように思うのですが、入手したプライスリストにはホーン製品が掲載されていませんでした。

902と909のお値段、パッケージ情報は以下の通りです。

Our 902-8A(16A) ceramic compression driver is priced at U$D 202.00 each
Our 909-8A(16A) ceramic compression driver is priced at U$D 202.00 each
Two 900-series drivers can be packed in one 12 in. x 12 in. x 12 in. box that weighs 14 lbs.













黄色いホーンシステムの移動はうまくいきました。
1年ぶりの分解状態。
改めて感じたPD.24502192の巨大さ、重さ。
無数のボルト、のたうつケーブル。
試しに2451Hを2431Hに交換してみようかしらん。























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-06-01 17:45 | GPA | Comments(0)