<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
GPA 3124 and 3127
GPA社は、3000シリーズの12インチウーファーである31243127も販売しています。
3124は実効質量が大きく最低域まで十分に再生することができます。
一方、3127は実効質量が小さく高能率です。
3124(上の画像)はロールエッジを備えており、3127(下の画像)は波型エッジを備えています。

c0143750_13335995.jpg


c0143750_13341128.jpg



ALTEC社の12インチの実効質量を比べてみると…

414-8C:47.8g
414-8E:48.8g
3124:71.86g
3127:51.3g
417-16LF:37.29g

3124の実効質量が際立って重いです。
3127は414シリーズの後継機種として設計されているように思います。

3124と3127のお値段とパッケージは以下の通りです。
230ドルというのはありがたいですね。

Our 3124 loudspeaker is priced at U$D 230.00 each. Each 3124 loudspeaker will be packed in a 15 in. x 15 in. x 8 in. box that weighs 20 lbs.
Our 3127 loudspeaker is priced at U$D 230.00 each. Each 3124 loudspeaker will be packed in a 15 in. x 15 in. x 8 in. box that weighs 23 lbs.

B&C 21SW152、GPA 3127×2、MR94+BMS 4594ND×1 or GPA 388×2。
ラージモニターのつもり。
高さ159cm(脚部込み)、幅106cm、奥行き約90cm。

c0143750_145728.jpg



これはモニターというより月着陸船を思わせる。
宇宙関係のデザインが好きです。


c0143750_10391923.jpg


今週末は黄色いホーンシステムと12.5インチドブソニアン天体望遠鏡の引越し。
雨が降ると困るなぁ。
黄色いホーンシステム、少しずつ大型化してゆくのがISS(国際宇宙ステーション)のイメージなんですよね。

c0143750_1056185.jpg


c0143750_17195061.jpg


Giant Bino製作記とその続編のHuge Bino製作記
お楽しみあれ。
D1000mm F6のアクロマート! うはははは。

c0143750_1203311.jpg


上の画像はMeadeのLightBridge16インチ。
12.5インチとあんまり変わらないかも?という疑問があり購入に踏み切れない…
ホントに欲しいもの、HSTと月面車。

c0143750_12294653.jpg


c0143750_12355975.jpg


ハッブルのファーストライトで主鏡のピンボケが発覚。
第1回のサービスミッションでCOSTARという補正装置を取り付け、さらにソフトで補正した。
このときのM100の鮮明な画像の印象が強烈で、デジタル補正技術の素晴らしさを理解するようになった。
DCX2496を使っているのは、そういう理由。

でも、デジタル万能と考えているわけではない。
光学系というアナログ的機械の制御という補完的な役割しか持たない訳よね、デジタルは。

スピーカーの仕組み自体がアナログ。
お鏡さまといっしょ。
だからアナログが悪い、などど考えたことは一度も無い。
なのに、システムの一部にデジタルが入っているだけでのけ者扱いされるのは困ったもんだね。

c0143750_21262289.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-28 13:35 | GPA | Comments(0)
GPA 414-8B and 414-8C
GPA社のプライスリストには、12インチウーファーの414-8Bと414-8Cも掲載されていました。
GPA社のラインナップは非常に充実しており、選り取り見取りですね。

この414シリーズの2機種のユニットは、何れも3インチボイスコイル。
8B(上の画像)がアルニコ磁気回路、8C(下の画像)がフェライト磁気回路です。
なお、オークションでよく見られる414Zというのは、保護カバーが無いタイプだと思います。
このZ符号は、システムとして売られた場合に保護カバーが取り付けられておらず、JBLのPL(プロテクターレス)相当の意味だったような…
以前ドンさんが解説していたの読んだのですが、詳細は忘れてしまいました。

c0143750_17464046.jpg


c0143750_17465374.jpg


414と言えば、9844が代表的なシステムになるのでしょうか。
2発の414、811+スモールフォーマットのドライバー、N800。
パンフレットは、9844A9844-8Bがありました。

c0143750_1611759.jpg


こちらはスウェーデンのDIYフォーラムに掲載されていたシステム。
構成は、414Zバーチカルツイン、511+2328+2441、077。
フィンを取り除き、スロートもぶった切る…
その他の画像は、こちらこちらを。

c0143750_16133428.jpg


c0143750_1614227.jpg


GPA社の414シリーズのお値段とパッケージは以下の通りです。
Our 414B series alnico loudspeaker is priced at U$D 330.00 each (note: ceramic 414 loudspeakers {414-8C and 414-16C} are priced at U$D 240.00 each). Each 414 loudspeaker will be packed in a 15 in. x 15 in. x 8 in. box that weighs 23 lbs.





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-25 17:48 | GPA | Comments(0)
ebay
ebayについて兵庫県のMさんからご質問を受けましたので、今まで体験した個人輸入について書いてみます。
発端はJBL2192の入手でした。
JBLのサイトにE-Tent Saleという在庫品の販売コーナーがあります。
2192は新品なのに1300ドルぐらいで売り出されていました。
非常に安い。どうしても欲しい。
しかし、ネックになったのが「米国内しか発送しない」という点です。
そのため諦めていました。

しかし、ある日、個人輸入の代行業者という商売があることを知りました。
これは、米国のネットショップが発送した商品を米国内にある事業所で受け取り、それを日本に送ってくれるというものです。
これなら、「米国内しか発送しない」という問題点を解決してくれます。

手数料は10%~15%程度です。
例えば、米国在住の知り合いに頼むにしても、何らかのお礼は必要でしょう。
そうすると、この手数料は高くない。
そして、すったもんだがあったものの2192を無事に入手することができました。
このときにお世話になったのがALICE HOUSEです。

これで味をしめ、次に米国のネットショップからB&CのME15とDE500を、やはりALICE HOUSEを通じて入手しました。
ともかく楽なのです。
個人輸入代行業者には、ショップのURLとその商品を掲載しているページのURLを教えるだけです。
すると、個人輸入業者は無料で見積りをしてくれる。
例えば、見積りを見て、日本への送料等が高すぎると思えば、この段階でやめることもできます。
輸入をお願いすると、個人輸入代行業者はネットショップに発注をかけ、商品を入手します。
こちらには、輸入代行業者の日本の銀行口座に日本円で所定額を振り込むよう通知が来るだけ。
お金を振り込むと、航空便ですぐに送ってくれます。

こうしたやり方が楽というのは、英語を一切使わない。
それからネット上でカードを使わずにすむので安心。
国内のネットショップから購入するのと手間は同じです。
但し、届いた商品が壊れていた場合、これはややこしいことになるでしょう。
そうしたリスクがあることは理解する必要があると思います。

次に入手したのが、Precision Devices社のP.D.2450です。
これは、ヨーロッパのネットショップから個人輸入代行業者を通じて入手しようとしたのですが、同時に見積りを出したサウンドハウスの方がうんと安かった。
サウンドハウスにメールを出し、ネットショップのURLとその商品の掲載しているページのURLを教えると、やはり無料で見積りをしてくれます。
サウンドハウスから購入する場合、商品が壊れていたときには対応してくれると思います。
ですから、サウンドハウスに頼んで海外製品を入手することもできます。

次に入手したのが、JBLの2406Hと2407H。
これは、ebayに出品されていたBuy it Nowの商品です。
ALICE HOUSEは、ebayに対応していないようなので、USA-GETという輸入代行業者にお願いしました。
無料の会員登録をし、ebayのその商品のURL等を教えるだけで入手してくれます。
当然、「米国内しか発送しない」商品でも入手可能です。

次に入手したのが、ALTECのMR94AとJBL2431H。
JBL2431Hはebayで落札しなければならない商品でした。
しかし、自動入札の仕組みがあり、USA-GETのサイトで落札しても良い上限額を入力しておくと、オークション終了の直前にコンピューターが自動的に入札してくれます。
例えば、180ドルまでなら出しても良いと考えている場合、上限額を180ドルと入力しておきます。
オークション終了直前に他人の入札額が150ドルだった場合、自動的にUSA-GETのコンピューターが入札単位の2.5ドルを上乗せした152.5ドルで自動入札して落札してくれます。

という訳で、魔法を使い、英語を駆使して海外のネットショップから商品を入手しているわけではありません。
個人輸入代行業者とのやり取りにおいて英語は一切使わない。
銀行も日本の銀行に日本円で振り込むだけ。
そうした意味では国内のネットショップと何も変わりません。

但し、こうした個人輸入代行業者によるショッピングは必ずうまくいくかどうかは分かりません。
商品が壊れている場合が考えられる。
ネットショップから発送したときにすでに壊れていたのか、米国から日本への輸送中に壊れたのかが分からない。
責任は誰が負うべきなのか判然としない…

だから、高額商品には手を出さないこと。
損をしても諦められる金額に抑えることが必要だと思います。
損をすることがあるゲームと考えると気が楽だと思います。

ネットで個人輸入代行業者のことをよく調べ、研究し、最初は安物で挑戦してみてね。
グッドラック!






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-20 19:02 | ebay | Comments(0)
GPA 417H
GPA社のプライスリストにこんな記載が。

"Our 417H series loudspeaker is priced at U$D 340.00 each (infamous musical instrument alnico loudspeaker). Each 417 loudspeaker will be packed in a 15 in. x 15 in. x 8 in. box that weighs 20 lbs."

417シリーズは12インチフルレンジの楽器用ユニット。
3インチ径ボイスコイルとアルニコⅤ磁石を搭載。
infamous・・・「悪名高い」というより、「名うての」という意味かしら。

c0143750_16274825.jpg


417-8Cはサンタナ愛用のユニット。
417シリーズで"H"の文字がくっつく機種は、417-8Hと417-8HⅡの2機種があります。
GPA社の417Hがこの2機種の内どちらなのかは不明。

417-8Cの許容入力が75Wだったのに対し、417-8Hは100Wと増加しています。
これは、ボイスコイルサポート(ボイスコイルボビン?)にアルミとカプトン製絶縁材を使用して放熱効率を上げ、ボイスコイルの線材をアルミから銅に変更したことによります。

c0143750_1628828.jpg


さらに、417-8HⅡは、417-8Cや417-8Hの磁気回路を強化したタイプ。
417-8Cや417-8Hの磁気回路は、2.4ポンドのアルニコⅤ磁石を使用し、磁気回路全体の重量が10.5ポンドでした。
一方、417-8HⅡの磁気回路全体の重量は11.5ポンドに増加しています。

417-8Hと417-8HⅡのいずれにせよ、Altec社のDia-Cone(ダイアフラムを備えたコーンの意味)の音を楽しめるでしょう。

c0143750_16282258.jpg






ロック(rock)は、岩のこと。
岩を平らなところに置くと、ぐらぐら、がたがたする。
だから、体をぐらぐら、がたがた揺する音楽をロックというそうです。
で、ロッキングピアノ・・・?

c0143750_21142613.jpg


Queenの"We will, we will rock you."の意味が分かりますよね。




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-18 16:32 | GPA | Comments(0)
GPA 3154
GPA社の3000番シリーズは2つのタイプの製品群から構成されています。
1つは、フォームサラウンド(ウレタンエッジ)を有し、比較的大きな実効質量を持つタイプ。
もう1つは、テキスタイルサラウンド(波型布製エッジ)を有し、比較的小さな実効質量を持つタイプ。

c0143750_2034789.jpg


3000番シリーズの15インチユニットには3156と3154の2機種があります。
3156の実効質量は68g。
そして、3154の実効質量は98.35g。
JBL社の2220Hの実効質量が70g、2226Hの実効質量が98gです。
なお、3156と2220Hとでは実効質量以外のパラメータが異なるためライバル関係にはなりません。

c0143750_20163818.jpg


3154はフォームサラウンドを備えており、Fs25Hz、Qts0.32。
推奨箱の実効容積は6キュービックフィート(約170L)。
このため、最低域まで十分なレスポンスを確保することができます。

3156を使用したVOTTシステムはA6
3154を使用したVOTTシステムはA10/MR945A
しかし、3インチダイアフラムのA10/MR945AではJBL社の4675シリーズには太刀打ちできなかっただろうと思います。

3154のお値段と包装箱の大きさは3156と同じです。
包装箱の重さは22ポンドです。

Our 3154 loudspeaker is priced at U$D 250.00 each. Each 3154 loudspeaker will be packed in a 18 in. x 18 in. x 7 in. box that weighs 22 lbs.




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-16 20:16 | GPA | Comments(0)
GPA 3156
GPA社は3000番シリーズも復活させています。
3000番シリーズは、ALTEC社が初めて自社開発したVOTT用のウーファーユニット群。

515シリーズはランシングマニュファクチャリング社の415、416/803シリーズも同社の815がベース。
ボイスコイル径を拡大し、励磁構造を永久磁石に置き換えただけ。
ランシング氏の遺産。

c0143750_1951382.jpg


1980年当時、JBL社に追い詰められつつあったALTEC社は、ロングボイスコイルを備えたダイレクトラジエター型システム用として3000シリーズを開発しました。
VOTTのベンテッドホーンシステムに見切りをつけていたのでしょう。

c0143750_18574784.jpg


従来の515や416とは異なる考え方で作られた3000シリーズ。
一方において、ALTEC社のDNAをしっかり受け継いでいました。

c0143750_19203532.jpg


例えば、3000シリーズの中核モデル、3156
この15インチユニットの実効質量は68gと現代的なダイレクトラジエター用としては軽すぎ。
しかも、推奨箱の容積は3キュービットフィート(約85L)と非常に小さい。
一方、3156を2発使用する8256システムは、ダクトが板厚のみというALTECらしい設計。(他の箱の設計図はこちら)
これでは最低域が出ない…

このため、3156はサブウーファーシステムの併用が前提だったのだろうと思っています。
3000番シリーズには3182という18インチウーファーがあり、3182を1つ収めたサブウーファーシステムが8000番シリーズの8182
この8182システムは、wikiのサブウーファーの項にも記載されているように、業務用サブウーファーシステムのパイオニア的な存在でした。

8182はとても大きい。
実効容積が24キュービックフィート(約680L)もあります。
そして、こういうのを家庭用に導入された変なヒトを知ってます。

話を元に戻しましょう。
18インチサブウーファーが必須になる時代を予見し、18インチウーファーとの共存を前提に開発された15インチウーファーが3156。
そう考えると、これは歴史に名を残すユニットなんじゃないの!と夢想しています。
しかし現実は厳しく、3156の存在は515や416の陰に隠れ、しょんぼりするような人気の無さ。
前出の変なヒトは、3156と515をベンテッドホーンの828に入れて比較し、「格がちがうねっ!」と一言。

3156は、その後生産中止となり、その代わりに4156-8Aが発売されます。
この4156-8A、やや日和ったような印象。
実効質量が87.3g。

GPA社が、何故、後継機種の4156-8Aではなく、3156を復活させたのか?
ALTEC社がそのまま継続していれば、この3156がJBL社の2226Hと死闘を演じていたはず。
残念無念でございます。

3156のお値段は250ドルと安価です。
包装箱の大きさは18インチ×18インチ×7インチ、梱包状態での重さは25ポンド。
ヤマト便だと国際送料が80.42ドルです。

GPA社の製品の入手は個人輸入代行業者にお願いするのが楽だと思います。
ネットで「個人輸入代行業者」を検索し、適当な業者を選んで無料見積りをお願いすると良いでしょう。

Our 3156 loudspeaker is priced at U$D 250.00 each. Each 3156 loudspeaker will be packed in a 18 in. x 18 in. x 7 in. box that weighs 25 lbs.







YamahaのCR-3020
横幅63.2cm、重さ37kg、出力180W。
こういうのをモンスターレシーバーと呼ぶそうです。
テクニクスよりも2mmほど幅が広いので、こっちの勝ち!

c0143750_2024385.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-15 18:43 | GPA | Comments(0)
GPA 416B and 416-8/16C
GPA社の416シリーズにはアルニコ磁石の416Bとフェライト磁石の416-8C、416-16Cの3つのタイプがあります。
GPA社製の416-8Cのパンフレットはあるのですが、同社製の416Bのパンフレットは見つけることができませんでした。

416Bのお値段は360ドル、416-8C、416-16Cは280ドルです。
416シリーズの包装箱の大きさは18インチ×18インチ×7インチ、梱包状態での重さは27ポンド。
ヤマト便だと国際送料が82.97ドルです。
フェライトタイプの416シリーズと515シリーズは、お値段がほぼ同じなので迷いますよね。

振動系の実効質量をThe Thiele-Small Loudspeaker Databaseで調べてみました。
なお、これらデータは何れもALTEC製ユニットのデータなのでGPA社製ユニットのデータとは異なるかもしれません。

604-8K: 83.75g
515C: 64.07g
515-8LFE: 77.65g
515-8G: 58.42g
515-16G: 59.39g
515-8GHP: 59.87g
416-8B: 59.48g
416-8C: 74.58g

c0143750_18455173.jpg


c0143750_1902963.jpg


Our 416B series alnico loudspeaker is priced at U$D 360.00 each (note: ceramic 416 loudspeakers {416-8C and 416-16C} are priced at U$D 280.00 each). Each 416 loudspeaker will be packed in a 18 in. x 18 in. x 7 in. box that weighs 27 lbs.





アンプの格はフロントパネルの高さで決まるのだぁと思っていたら、こんなのあるのね。
横幅63cm、奥行き53.6cm、高さ19.1cm。
そんでもって重さ39.5kgの出力330W・・・

アンプの格はフロントパネルの横幅で決まると、こういう法則もありということですね。



c0143750_2349067.jpg





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-14 18:46 | GPA | Comments(0)
GPA 515-8/16G
GPA社515Gシリーズには、515-8G、515-16G、515-8GHPの3タイプがあります。
515-8Gと515-16Gは、515のベースホーン用ユニットとしての伝統を引き継ぎつつ、低域のレンジを拡張し、ベンテッドホーン型エンクロージャーで最適の性能を発揮できるように設計されています。

c0143750_23273920.jpg


c0143750_23275519.jpg


515-8GHPはベースホーン用ユニットとして特化したALTEC社、GPA社の最強のユニットです。
Qtsは0.187。
パンフレットには515-16GHPの表示がありませんが、送ってもらった価格表には掲載されているので注文可能だと思います。
ALTEC時代の515HHPシリーズにも16Ωバージョンがありました。
おそらくこのHHPシリーズはGPA社製だと思います。

なお、ハイパワー用の515Gシリーズのボイスコイルの線材はアルミニウム。
一方、515Cや515LFは銅ボイスコイルです。

515-8G、515-16G、515-8GHPの何れも300ドル。
515LFと同じ値段。
包装箱の大きさと重さは515Cのと同じ。

せっかく16Ωタイプがあるのなら、3発がいいな。
515-16LFを使うとこんな感じかな。

c0143750_23281052.jpg




c0143750_538157.jpg


Our 515C series alnico loudspeaker is priced at U$D 550.00 each (note: all ceramic 515 loudspeakers {515-8G, 515-16GHP, 515-8LF, etc.} are priced at U$D 300.00 each). Each 515 loudspeaker will be packed in a 18 in. x 18 in. x 10 in. box that weighs 35 lbs.


















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-13 23:29 | GPA | Comments(0)
GPA 515-8/16LF
GPA社の515シリーズにはフェライト磁気回路の515LFがあります。
なお、ALTECの515LFはアルニコ磁石、LFEがフェライト磁石でした。

515LFのパンフレットによると、GPA社の515Cと515LFの関係は単に磁気回路の相違だけではないようです。
515Cは、ランシングマニュファクチャリング社の415以来のクラシックな構成を再現したユニット。
一方、515LFは、515Cよりも高出力であり、同時に低歪化を実現したそうです。

さらに、515LFは、515Cのようにダストキャップ(センターキャップ)に放熱孔が開口しておらず、磁気回路の背面に放熱用の貫通孔が開口しています。
これは、様々な形式の箱(おそらくはアイソバリック)に対応するためだと説明されています。
低歪化を図る場合、ダストキャップに孔があるのはまずいとか?

c0143750_15511245.jpg


お値段は、300ドルと極めてリーズナブル。
包装箱の大きさと重さは515Cのと同一です。
515LFはスタジオモニター用としても推奨されているので、クラシックな雰囲気よりも性能を重視したい方にはLFの方がいいかもね。


GPA社の515LFを使用したフランスの方のシステム
自動翻訳によると「515LFは大成功!」だそうです。

c0143750_15545265.jpg






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-13 15:55 | GPA | Comments(0)
GPA 515-8/16C
GPA社のClassic SeriesにはアルニコⅤ磁石+16インチフレームの515Cがラインナップされています。
Altecの515Cは16Ωだけだと思ったのですが、GPA社版なら8Ωバージョンも購入することができます。
素晴らしい。
ありがとう、Billさん。

はい、515Cのお値段です。
288Hと同じ、550ドル!
安いなぁ。再びありがとう、Billさん。

包装箱の大きさは18インチ×18インチ×10インチ、梱包状態での重さは35ポンド。
ヤマト便だと国際送料が97.01ドル

c0143750_17291750.jpg


stephane RAME氏のシステム。
GPA社の515-8G399-8Aを使用。
詳しくはこちらを。

c0143750_17551872.jpg


c0143750_17553168.jpg






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-05-12 17:27 | GPA | Comments(2)