<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Community PCMX
Community社M4ドライバーは重さ18.6kg、直径318mmもある巨大なミッドベース用コンプレッションドライバーです。
4インチスロート、カーボンファイバー製の6.5インチ(約16.5cm)のコーン型ダイアフラム、4.5インチ径ボイスコイルを備えています。
ダイアフラムは、樹脂+アルミ箔の合成材のような記憶があるのですが、カーボンファイバーに変更されたのでしょうか。
再生可能帯域は200Hz~2kHz(±3.5dB)、連続許容入力200W、ピーク500Wと強力。

この断面図を見ていると、ボイスコイルの引出し線がポールピース内部側に導出されているのが分かります。
このボイスコイルの引出し線は、ベリリウム銅と表示されています。
ウィキによると、ベリリウム銅合金は、銅よりもはるかに強く、純銅に近い良好な電気伝導性があるんだとか。
ええっと、この合金、かなりポピュラーですというか、ベリリウムってこういう用途が普通かも。
フツーの携帯に内臓されてるカメラのオートフォーカス機構にネオジム磁石と一緒に使われてる。

アウターとインナーのマイラー製のサスペンション。
インナー側のサスペンションの位置が、ポールピースの上部になっています。
アウター側のサスペンションも、サラウンドとは表示されていない。
フェーズプラグの形状をJBL社のCMCD(200mm Cone Midrange Compression Driver 2169H)と比較すると興味深いですね。

長きに渡り生産され続けている名機であるためか、同製品を解説しているマニアックなサイトもあります。
M4ドライバーの画像はこちら(少々重いです)。
自作と思われる120Hzトラクトリックスホーンに搭載。
オーディオの楽しみ方を知ってる。
素晴らしいですね。

c0143750_1857559.jpg


同社のPCMXは、M4ドライバー用ホーンの延長フランジ。
下の図は、そのM4ドライバー用ホーンであるPC1594Mのものです。
ホーンの一番外側の部分(黄色)がPCMXです。

c0143750_0333739.jpg


c0143750_0335058.jpg


黄色に塗ると、親近感がでてくるから不思議。
冗談はさておき、上の図面には"PCMX low frequency extension"との記載があり、PCMXが低周波数用の延長部分であることが分かります。
PC1594Mのパンフレットにも、"PCMX: Mouth extension for 225 Hz operation; highly recommended for optimum performance"との記載があり、ホーンの下限周波数帯域の充実を図ることを目的にしているようです。

ご存知とは思いますが、ここにはJBL2380Aホーンに延長部を取り付け、500Hzから使用可能なホーンに改造した例が掲載されています。
2380Aのような開口部の全周に平坦な縁があるホーンであれば、このPCMXのような延長板を取り付けることは難しくないように思われます。

下の画像は、Peaveyの44XTドライバー用のホーン、CH-7(1.6インチスロート径)。
そして、これに延長板を付けたらどんな具合かしらと作図したものです。
全体のイメージは、ALTECのMRⅡ594A
左右縁の延長板よりも、上下縁の延長板にグッと角度をつけて広げてみました。

c0143750_21202931.jpg


c0143750_21204246.jpg


このPCMXは、PC1594M、1564M1542Mの付属品ではなく、別途購入しなければなりません。
ここにPCMXの値段を尋ねると、554ドル。
ここだと、M4ドライバーが1350ドル、PC1594Mが880ドル。
全部で2784ドル。う~ん、ちと高い。
M4ドライバーだけ買ってホーンは自作?
M4ドライバー用のホーンとしては、SH2064Mという手ごろなサイズのホーンもあり、M4ドライバーのポテンシャルを楽しむなら、これでもいいかも。
お値段、480ドル






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-26 18:59 | Community
Altec Dual Throat
値段の安さに負けて買ってしまった…
MR94Aとデュアルスロート。
そう、マッドサイエンティスト用。

今度は何色に塗ればいい?
やはり懸案のピンク色なのかっ!

c0143750_2028543.jpg


c0143750_20291625.jpg


両方とも、最初は4本ずつ売りに出されていた。
購入しようかどうしようか、と迷っていたら、デュアルスロートを1本だけ買っていった変なヒトがいる。
この手の商品に手を出すのは変なヒトに決まっているのだが、それにしても変だ。
モノラルシステムにデュアルスロート?
まさかね。

スロートが1本だけ売れてしまうと、急にさびしくなり(訳分からん)、それでポチッと…
おとがでるだけが2本ずつ買ったため、MR94Aは残り2本、スロートは残り1つになってしまった。



MR64用のデュアルスロートは無いみたい。
なんでだろ。
スロート部分の長さが足りないという単純な理由かも。

c0143750_20355037.jpg


c0143750_23253153.jpg


これはMR42のデュアルスロート仕様。
デュアルスロートというより、Y字型スロートと呼んだほうが馴染みがありますが、そうした従来のY字型とは、考え方が違うみたいね。
定指向性の水平方向の頂角で2つのスロートを合流させている。

おそらく「左右対称」にはならないところが、業務用ですね。
どのような影響が出るか、ちょっと心配。
ちなみにスロートをひん曲げてしまうと、出鱈目な指向性になってしまいます。
31Bホーンの水平、垂直指向性のグラフ(Dispersion Angle vs Frequency)、高域になるにつれ垂直指向性が急激に狭くなり、かなり刺激的な雰囲気ですね。
こういうのは嫌いなんだ。

c0143750_23303527.jpg


c0143750_23304668.jpg


MR94Aのついでに、先日200ドル以上になって諦めたJBL2431Hを落札した。

c0143750_1491335.jpg


c0143750_1492546.jpg


それから、スロートアダプターも。
これは、JBL純正、1インチネジ→1.5インチスロート。

オークションは初めて。
すごくドキドキしたよ。

c0143750_28457.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-25 00:01 | ALTEC Horn
Meyer Sound Laboratories
カリフォルニア州バークレーにあるMeyer Sound Laboratories Inc.は、1979年にジョンメイヤー氏とヘレンメイヤー氏によって設立されたスピーカーシステムメーカーです。
下の画像の"The Glyph"と名付けられたホーンスピーカーシステムが発端となり現代に至っているようです。

c0143750_2157617.jpg


このMeyer Sound社は、指向性制御に積極的。
そして、その方法が非常にユニークです。
下の画像は、SB-1という超ロングスロー用のスピーカーシステム。
型番の"SB"は"Sound Beam"の頭文字であり、文字通り、超狭角指向性により遠方へ音波を放射します。
説明によると、100フィート(約30.5m)~500フィートの間隔において、距離が倍になっても音圧は3dBしか低下しないそうです。

c0143750_1825136.jpg


c0143750_18253676.jpg


SB-1は、ファイバーグラス製のパラボリック(放射線状の)反射板と、この反射板に向かい合うように設置されている砲弾型の容器から構成されています。
反射板の中央には、12インチのコーン型ユニットが1個埋め込まれており、また、砲弾型の容器には、4インチコンプレッションドライバーが、これも1個収容されています。
このコンプレッションドライバーにはアスフェリカル(非球面の)ホーンが装着されており、ドライバーから放射された音波が反射板に反射されて、500Hz~15kHzのレンジで水平垂直指向性10°という狭指向性を実現します。
なお、500Hz以下の帯域は、反射板をもっと大きくしないとダメだそうです。

c0143750_1826580.jpg


コーン型ユニットは、500Hz~1kHzの範囲において、反射板の側方へ広がる望ましくない方向への不要な音波を消滅させるための相殺用の音波を放射するようです。
カセグレン式の望遠鏡を連想させる構成ですが、コーン型ユニットは修正用であり、コンプレッションドライバーからの音が飛ぶことになるので、まったく関連性はないですね。

c0143750_18292529.jpg


さらに、SB-2、SB-3Fという姉妹品があります。
SB-2(下の画像)は、28発の4インチコーン型と、2インチスロート/4インチダイアフラムのコンプレッションドライバーによる2ウェイ。
クロスは1.5kHz。
1kHz~16kHzのレンジで水平垂直指向性20°という狭指向性を実現しています。

c0143750_20432587.jpg


SB-3F(下の画像)になると、なんと448発の1インチのネオジウムトランデューサーがずらり。
コーン型とかコンプレッションドライバーという記載がなく、「トランデューサー」ですから、ドーム型なのかしら。
1km以上の射程距離があるそうです。

c0143750_20433838.jpg


SB-1、SB-2、SB-3Fの3機種の中で、興味深いのはSB-1ですね。
BS用のパラボラアンテナを利用し、似たようなシステムを作ることができそうです。
2402Hのようなじゃじゃ馬さんを、反射板の中央に向かい合わせに、あるいは、やや斜めにして反射方向を調整。
もしかしたら、新しい世界が開けるかも…
























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-17 21:57 | Meyer Sound
Eighteen Sound 18NLW9600
21NLW9000、21NLW9600と同時に発表されたウルトラ級の18インチコーン型ユニット。
5.3インチ径サンドイッチボイスコイル、耐入力1800W、Mms261g、BL値30という物凄さ。

このユニットは、JBL2269Hに優とも劣らない性能を持っていると思います。
JBL2243HもBL値は30を超えますが、Xmaxを考慮すると2243Hはかなり劣ります。
18NLW9600や2269Hのような最近のユニットは、1kWを超える大入力時の大振幅に対応できる性能があります。

スペックシートは、ここの"Download"からどうぞ。
JBLの18インチについては、こちらを。

c0143750_1752657.jpg


GENERAL SPECIFICATIONS
Nominal Diameter 462mm (18 in)
Rated Impedance 8 ohms
AES Power 1800W
Program Power 3600W
Peak Power 10000W
Sensitivity 96,5 dB
Frequency Range 32 - 2500 Hz
Power Compression @ -10 dB 0.7 dB
Power Compression @ -3 dB 1.3 dB
Power Compression @ 0 dB 2.2 dB
Max Recomm. Frequency 300 Hz
Recomm. Enclosure Volume 110 ÷ 350 lt. (3,88 ÷ 12,36 cuft)
Minimum Impedance 6,6 ohms at 25°C
Max Peak To Peak Excursion 70 mm (2,75 in)
Voice Coil Diameter 135 mm (5,32 in)
Voice Coil Winding Material aluminum
Suspension Triple Roll Polycotton
Cone Straight Ribbed, Treated Paper

THIELE SMALL PARAMETERS
Fs 34 Hz
Re 4,7 ohms
Sd 0,1134 sq.mt. (189,9 sq.in.)
Qms 8,7
Qes 0,29
Qts 0,28
Vas 149 lt. (5,1 cuft)
Mms 261 gr. (0,58 lb)
BL 30 Tm
Linear Mathematical Xmax ±14 mm (±0,55 in)
Le (1kHz) 2,11 mH
Ref. Efficiency 1W@1m (half space) 95,1 dB

MOUNTING INFORMATIONS
Overall diameter 462 mm (18,18 in)
N. of mounting holes 8
Mounting holes diameter 8,5 mm (0,33 in)
Bolt circle diameter 440mm (17,32 in)
Front mount baffle cutout diameter 416 mm (16,38 in)
Rear mount baffle cutout diameter 422 mm (16,61 in)
Total depth 237,5 mm (9,3 in)
Flange and gasket thickness 26 mm (1,02 in)
Net weight 12,5 kg (27,6 lb)
Shipping weight 14 kg (30,9 lb)
CardBoard Packaging dimensions 482 x 482 x 257 mm (19 x 19 x 10,1 in)



18NLW9600の耐入力1800W(AES)という表示は、昨年発表されたBeyma社の18SW1600/Nd(下の画像)が1600Wの耐入力を誇らしげに表示したためでしょう。
やはり、5インチ径ボイスコイル、Mms240g、BL値29という化物。
全ての数値で、微妙に18soundが上回っているところがほほえましい。

c0143750_2134588.jpg


18soundやBeymaの新型ユニットに比べると、Precision Devices社の強力な18インチウーファーであるPD.1850(下の画像)もなんとなく古ぼけて見えてしまいます。
というか、巨大なフェライト磁石がマヌケに見えます。
5インチ径ボイスコイル、Mms216.4g、BL値31.57という数値には、心底驚いたのがつい最近。
でも、耐入力は800Wしかありません。
上述した2機種に比べると、波型サラウンド(エッジ)の凹凸の深さが浅いです。
業務用ユニットは、どんどん進化してますね。

c0143750_21441597.jpg





2408Hと2407Hが無事到着。
セレニウムのホーン、精密な仕上がり。
5ドルの品とは思えない。

c0143750_2048682.jpg


おいっ!
なんだかんだと書き散らしておいて、結局、買ってるのはJBLのユニットじゃないの!!

…うふふふふ。
























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-13 17:05 | 18 sound 18
Tannoy VQ60 and VQ100
Tannoy社のV字型バッフルを採用した業務用スピーカーシステムです。
なかなかバランスの良いデザインだと思う。
背面の4つのポートもいいかんじ。

c0143750_16163987.jpg


c0143750_16165183.jpg


c0143750_1617169.jpg


スペックシートを読んでみると、ウーファーの口径は12インチと小さく、このため低域側は90Hzまでしか再生できないようです。
そして、サブウーファーを加えるようにと。

V字型バッフルは、向かい合うユニット間の干渉により、中域にかけてのレスポンスが低下する傾向があります。
ブーストしてやれば、ある程度解決できるものの、なんとなく濁った感じが残ります。
しかし、450Hzまで、このV字型バッフルのウーファーが受け持っている。

両ユニットはぴったりくっついて配置されている。
また、V字型の奥の上下に、三角板(吸音材?)を配置して、無駄な空間を埋めている。
う~む。

上の画像は60°の指向性を有するVQ60、下の画像は100°の指向性のVQ100です。
ホーンは明らかに浅くなってるけど、V字型バッフルの深さや角度は同じ?

c0143750_20593171.jpg


c0143750_20595189.jpg


c0143750_2059624.jpg


ホーン部は、PSW(Point Source Waveguide)ホーンと、Dual Concentric コンプレッションドライバーの組合せ。
ウェーブガイドホーンは、450Hzからを受持つために、この手のシステムとしては比較的大型です。
スペックシートの図面から推定すると直径は46cmぐらいだと思います。

デュアルコンセントリックは、タンノイの商標というか、看板です。
コンセントリックとは、同軸のとか、同心のというような意味ですから、このコンプレッションドライバーは同軸型。

以下のスペックシートの記載以外、この同軸型ドライバーの説明はない。
ユニット断面露出狂のタンノイが、このドライバーの断面図を全く掲載していないのは変だね。

"The loudspeaker shall consist of a Dual Concentric™ Compression driver with a 3.5” Midrange voice coil and a 2” High Frequency voice coil, both mounted in a common subsystem with a common 2" exit."

スロート径は2インチ。
そして、ミッドが3.5インチボイスコイル径、ハイが2インチボイスコイル径。
ミッドとハイのクロスは7kHz。
受持ち帯域は、450Hzから23kHz。

3.5インチの同軸…
これもあれなの?

c0143750_17452774.jpg


c0143750_17453817.jpg


c0143750_17455050.jpg


上の画像、ebayで開示されていました。
磁気回路のラベルに表示されているように、このユニットはVQ60のウーファーユニットです。
そして、そのebayの解説にはBMS社のユニットであると記載されていました。
確認してみると、12S320というローミッドレンジ用ユニット(下の画像)のようです。

c0143750_15153079.jpg


12S320は、Mms76g、BL23.8、Xmax±4.5mmというかなり強烈なユニット。
下の画像は50L密閉のレスポンスグラフ。
この右肩上がりの特性を利用したという訳か…

c0143750_22452052.jpg


こうなると、デュアルコンセントリックドライバーもBMS社製でしょう。
若干、スペックが相違しますから、もしかすると、タンノイ用の特製ドライバーかもしれません。
検索してみると、ここここでも話が出てました。

とは言え、がっかりしたぜタンノイさん、などと申し上げるつもりは毛頭ございません。
むしろ、敵国ドイツ製ユニットを採用するなど、懐が広いというか、老舗の眼力(耳力?)を感じさせます。

ところで、VQ60やVQ100を見ていると、サブウーファーを加えてみたいですね。
12インチダブルのミッドベースですから、ここは18インチダブル?
いや、21インチシングルというのはいかかでしょうか。
作図してみると…

c0143750_1634780.jpg


21インチウーファーというのは18インチよりもかなり大きいね。
この21インチ付きVQシステム、現代版のVOTT?























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-10 16:17 | Tannoy System
Thunder 1000000
60インチ(152.4cm)口径のサブウーファー。
カーオーディオ用のものとしては世界最大です。

Wikiによると、Audio Dragsと呼ばれる車内の最大音圧レベルを争う競技会用としては、一般的に入手できる製品ではないため、こうした競技への参加資格が認められないそうです。
設計者は、Richard Clark氏(画像左側)とDavid Navone氏(右側)です。

c0143750_1716381.jpg


「このプロジェクトは、1994年にMark Elridge氏、Doug Winker氏、そしてChris Lewis氏が、どうしたら最も高い音圧を得ることができるか、という興味本位の研究が発端になっている。

この研究について、Mark Elridge氏が語るところによると、通常の口径のウーファーを多数用いる方法と、巨大なウーファーを1発だけ用いる方法を数学的に検討し、当然のことながら、巨大ウーファーが選択された。
放射面積が2290平方インチ(1.4774平方メートル)の巨大ウーファーの6インチ(15cm)にも及ぶ1ストロークあたりの排気容積(output displacement)は、10インチウーファーを161発並べ、それらを1.5インチストロークさせた場合に匹敵する。

1997年に、Mark Elridge氏は、Richard Clark氏とDavid Navone氏と北カリフォルニアで一緒に働き、6週間を超える設計及び作業により、このウーファーとそれを搭載するトラックが製作された。
当初は、Concept Designという名称がつけられていたが、後にMTX社のThunder 1000000という名称になった。
上の画像では、ウーファーの後方にConcept Designと表示されており、下方の画像ではMTXの表示に変更されている。
したがって、このウーファーはMTX社が製作したものではない。

使用された車両は、パンを運ぶトラック(日本の軽トラのようなもの)であった。
この脆弱な荷室を有するトラックの改修作業の担当者は、このウーファーの性能を理解していなかった。
半分以下の出力でさえ、トラックの荷室は外側へ数インチ膨らみ、トラックのドアを吹き飛ばし、外してしまった。

1997年のファイナル、サブウーファーにパワーサプライから供給するエネルギーをコントロールすることについてAlmaから抗議があり、Richard Clark氏はそれに応じ、フィードバックできないように2本のケーブルをショートさせた。
適当にレベル合わせをしてスイッチを入れると、やはりレベルが大きすぎ、過大に振動したあげく、連結部材がポッキリと折れてしまった。
この故障が起きる直前に、162dB以上の音圧が測定された。
なお、この記述によると、B&Kのメーターが170.2dB、7Hzを表示したのを見た、としている。

この連結部材は、本来、T6063-T6のアルミニウム棒材(パイプ材ではない)で製作されるはずだった。
しかし、素材屋がRichard Clark氏を騙し、T6063-T6のアルミニウム棒材の代わりにアルミコートがされているナイロン製の材料を納品したため、このような故障が生じた。




振動板の直径が54インチ、サラウンド(エッジ)の幅が3インチ、このため全体の口径は60インチだそうです。
そして、取付け穴の直径は64インチとか。
設計上、そして実際にも188dB以上の音圧が得られるそうです。
磁気回路により得られる力(linear force)は、6000ポンド以上。
これがどの程度の力なのか、良く分かりません…
で、磁石の重さは、600ポンド(約272kg)以上という記載がありました。

こうしたスペックを眺めていても、この巨大な振動板が、15cmにも渡る正確なストロークを行うことができるのか、さらに、この磁気回路の構造はどうなっているのか、さっぱり分かりません。

さらに、音質は?
どの程度の再生可能帯域があるのかが分かりません。
アメリカ白人男性特有の馬鹿デカ趣味の結果、作られたシロモノ。
残念ながら、製作の努力に見合う価値はないように思えます。




平面振動板の裏側を支えている多数の連結部材が、そのT6063-T6のアルミニウム棒材だと思います。

c0143750_2114246.jpg


平面振動板の表裏面には、アルミ製と思われる8角形をベースにした形状を有する補強材が取り付けられています。
裏側の補強材は、最外周の8点、その内側の8点、中央の1点の計17点において、連結部材により支持されています。
各連結部材は、補強材と2本の連結部材が一組になって、3角形状の構造体を構成するように配置されているように思います。
下の画像は、表側から撮影されたものであり、トラックの運転席のすぐ背後にこのユニットが配置されていることが分かります。

c0143750_22239100.jpg


パン運搬用トラックと、トラックの荷室のドアを開けた状態。
荷室の中にユニットの後部が見えます。

c0143750_22505629.jpg


c0143750_2251109.jpg
 

これこれを衝動買い。
2台で120Wのアンプが14台、重さも35kgで36000円。
2色ホーンシステムのてこ入れをするつもり。

定価だと、これが今までに保有したアンプの中で最も高価。
それにしても、このブログみたいにAVアンプって人気ないなぁ…

「厚みが足りないので音楽のみの再生は少し物足りない感があります。」
うはははは、そういう傾向はあるかもね。

2台のアンプのボリューム調整を1つのリモコンで行った場合、誤差が出ると困る。
半分ぐらい、無理だと思ってます。
6台目になるDCX2496も注文しないと。
DCXは、ほぼブラインドタッチで操作できる。
それだけに、ちと飽きてきた、というのも正直なところだ。
アンプは新型(EP2000、4000)が出たのに、DCXの新型は出ないのかなぁ。

蓋は開けといた方が、にぎやかでカッコよくない?
金色パネルが、大好きなのサ~

c0143750_32178.jpg


開封してみると、2台とも新品同様。
こんなに立派なのに、手放すなんてもったいないことをするなぁ、と思ってしまう。

早速、リモコンでのボリューム調整を試してみた。
リモコンを操作すると、2台のアンプのボリューム値が完全に一致したまま、ボリューム調整することができることが分かった。
また、このボリューム値の一致は、ずらすことは不可能と思われるほどビシッと安定している。
よかったよかった。



あまりアンプに積極的になれないのは、まず、アンプに対する知識がない。
それに、オーディオ雑誌を読まないため、各機種に対する評価を知らない。

アンプで音が変わるのは、体験しているから知っている。
プリアンプでも、パワーアンプでも、音はがらっと変わる。

しかし、それを知っていてもアンプに本気になれないのは、菅原正二さんのSE400が引っかかっているから。
このブログをお読みになっている方は、T-サーキットの回路図をまじまじと見たことがあると思う。
現代的なハイパワーアンプの回路と比べると、あの回路はとても貧弱に見えてしまう。

けれども、SE408Sの音は、ごさ丸さんに聴かせていただいた
結局、アンプが、と考える前に、できるだけスピーカーで詰めて行くべきではないかと考えている。

じゃ、なんでAVアンプを買ったの?
それは、安かったのと、金色パネルが好きだから。
すいません、支離滅裂ですね…

c0143750_22345460.jpg


AVC-3890という、どうでもいいような(オーディオ史に名を残さないという意味で)AVアンプも、ちゃんと雑誌の賞をもらっていたらしい。
DENONのサイトに公表されていた。

オーディオ銘機賞 部門賞 (音元出版 オーディオアクセサリー誌)
ヴィジュアル・グランプリ 部門賞 (音元出版 AVレビュー誌)
HiViベストバイ 第3位 (ステレオサウンド社 HiVi誌)
ステレオベストバイ 第2位 (音楽之友社 ステレオ誌)
ジャズコンポーネントアワード ベスト部門賞 (スイングジャーナル社 スイングジャーナル誌)

なんて、むなしい賞。
2005年でも売り上げ上位だったのに、受賞しても3、4年で十分の一の価格で取引される。
こんな賞、やめたら?

c0143750_11565059.jpg


大昔、あこがれていたアンプは、パイオニアのSA9900。
出力は強烈この上ない110W+110W。
そして、素晴らしかったのは、銀色に輝くアルミフロントパネルのでかさである。

YAMAHA C-2のような例外はあるものの、アンプ類の「格」はフロントパネルの高さ寸法で表現されている。
これはパネルの横幅寸法で勝負すると、ラックに入らないという単純な理由。

アキュフェーズ社のプリメインのこの高さ寸法の設定など、馬鹿馬鹿しいほど厳格である。
いや、むしろオーディオの世界を格付けだけで考えているふしがあるね。
実に情けないデザインポリシー。

AVC-3890の高さ寸法は171mm。
SA9900は165mm。
ん? 勝った…の??

このSA9900のような国産プリメインアンプは、正常進化して、現在の国産AVアンプになったのだと思う。
DENON社の技術者が、AVC-3890を500W+500Wクラスの猛烈な、そして単純なステレオプリメインに作り変えるのは朝飯前だろう。

c0143750_15384329.jpg


AVアンプには、こんなチップが多数使用されている。
もはや、従来のアナログアンプの回路図のようなレベルでは理解できない世界。
DSPに至っては、もしかするとDCX2496よりも遥かに高度なものが搭載されているのかもしれない。
























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-05 17:18 | MTX