<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Electro-Voice MTH-4A(6)
ミッドベースユニットの取り付け方については米国特許4,923,031号の公報に掲載されていました。
対向したユニットからの音波を三角柱状の反射板にぶつけるという方法。
なるほどです。これは擬似V字型バッフルと似たような考え方です。
c0143750_19391372.jpg

c0143750_19393248.jpg

発明者はDavid E.Carlson氏。
出願日は1986年2月26日です。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-30 19:39 | EV System | Comments(2)
Electro-Voice MTH-4A(5)
DL-10X(25cmコーン型ユニット)4発のミッドベースホーンの部分。
4発のユニットは2発ずつ向かい合うようにくっついています。
c0143750_17532494.jpg

これだけでは何も分かりません・・・




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-29 17:53 | EV System | Comments(2)
Electro-Voice MTH-4A(4)
MTA-42の構造は米国特許4,629,029号の公報に掲載されていました。
4つの枝管と本管の接続部分が独特です。
FIG.5の45度の角度の部分が「特殊な反射部」なのでしょう。
本管から見た枝管の開口はどうなっているのか見てみたいです。
c0143750_19131612.jpg

発明者はDavid W.Gunness氏です。
出願日は1985年11月15日。

自作するのはちょっと無理。
でも、ごさ丸さんなら・・・






















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-28 19:13 | EV System | Comments(5)
Electro-Voice MTH-4A(3)
高域及び中高域に使用されている多岐管型スロートアダプターはMTA-42
4つの1 3/8-18のねじ込み型ドライバーを2インチスロートに変換します。
c0143750_17503067.jpg

ドライバー同士を近接して束ね、それらを相補的配置し、また、分枝管に特殊な反射部を設けることにより位相整合を図ることができたそうです。




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-27 17:55 | EV System | Comments(2)
Electro-Voice MTH-4A(2)
内部はどうなっているかというと・・・
c0143750_18373817.jpg

















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-26 18:37 | EV System | Comments(1)
Electro-Voice MTH-4A
エレクトロボイス社のマニホールドテクノロジーの続き。

MTLシリーズと組み合せる中高域用のシステムとしてMTHシリーズがありました。
このフラッグシップがMTH-4Aです。
c0143750_1540524.jpg

姿からは想像できないほど箱の中にはユニットがギッシリ詰まっています。
使用されているユニットは全部で12発!
c0143750_1541316.jpg

ミッドベース:DL10X(25cmコーン型)×4発
ミッド:DH2Aコンプレッションドライバー×4発
ハイ:DH2010コンプレッションドライバー×4発

これは猛烈なハイパワー用システム。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-25 15:41 | EV System | Comments(1)
Hartley 24"(2)
61cmウーファーを使用した信じられないようなバックロード。
これが本当の「幻の巨人」・・・でピンときた方はたいした長岡ファン。
c0143750_17122588.jpg

お作りになるのなら、正面図垂直断面図上部の水平断面図がございます。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-24 17:13 | Hartley | Comments(5)
Hartley 24"
古いユニットで何も分かりません。
ハートレーの61cmを使用していたマニアさん達は30Wが発売されると30Wに乗り換えたそうです。
24インチ(61cm)、18インチ(46cm)、10インチ(25cm)の揃い踏み。
c0143750_0142591.jpg

c0143750_0144287.jpg

調べていると、こんな一文が・・・

Hartley reached its height in the 60's during the heyday of JBL, Altec, E-V, and other legendary brands.

Today, Hartley is continued as a labor of love by Richard Schmetterer in Wilmington, NC. The classic Hartley drivers are still manufactured by hand and still adhere to the same design principles as the original Hartley line.

ホントですか?





















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-24 00:14 | Hartley | Comments(4)
Electro-Voice TL4025, TL4050 and TL5050
Klipschのフォーラムを眺めているとEV社のTL4025(38cm1発)とTL4050(38cm2発)の話が出ていました。
調べてみるとTL5050(30cm2発)もあるようです。
下の画像はTL4025です。
c0143750_18463730.jpg

設計図のリンク:TL4025TL4050TL5050
MWMは寸法が出ていないので、DIYするならこのTLシリーズの方がよさそ。

SentryⅣはTL5050の小型版だそうです・・・
c0143750_1847462.jpg


















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-21 18:47 | EV System | Comments(0)
Klipsch MWM
DIYでもいけそうというので、Klipsch MWMの設計図を探してみたのですが、これが見つからないです。

Klipschのフォーラム(BBS)を覗いてみると・・・これはマニアさん達の巣窟、やはり話題になってる。
米国特許第4210223号を参照せよとのことです。
これがその公報の図面。
c0143750_18131057.jpg

発明者はGary C.Gillum氏とPaul W.Klipsch氏です。
出願日は1978年1月25日。
c0143750_18133855.jpg



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-20 18:14 | Klipsch System | Comments(0)