カテゴリ:Community( 4 )
Community PCMX
Community社M4ドライバーは重さ18.6kg、直径318mmもある巨大なミッドベース用コンプレッションドライバーです。
4インチスロート、カーボンファイバー製の6.5インチ(約16.5cm)のコーン型ダイアフラム、4.5インチ径ボイスコイルを備えています。
ダイアフラムは、樹脂+アルミ箔の合成材のような記憶があるのですが、カーボンファイバーに変更されたのでしょうか。
再生可能帯域は200Hz~2kHz(±3.5dB)、連続許容入力200W、ピーク500Wと強力。

この断面図を見ていると、ボイスコイルの引出し線がポールピース内部側に導出されているのが分かります。
このボイスコイルの引出し線は、ベリリウム銅と表示されています。
ウィキによると、ベリリウム銅合金は、銅よりもはるかに強く、純銅に近い良好な電気伝導性があるんだとか。
ええっと、この合金、かなりポピュラーですというか、ベリリウムってこういう用途が普通かも。
フツーの携帯に内臓されてるカメラのオートフォーカス機構にネオジム磁石と一緒に使われてる。

アウターとインナーのマイラー製のサスペンション。
インナー側のサスペンションの位置が、ポールピースの上部になっています。
アウター側のサスペンションも、サラウンドとは表示されていない。
フェーズプラグの形状をJBL社のCMCD(200mm Cone Midrange Compression Driver 2169H)と比較すると興味深いですね。

長きに渡り生産され続けている名機であるためか、同製品を解説しているマニアックなサイトもあります。
M4ドライバーの画像はこちら(少々重いです)。
自作と思われる120Hzトラクトリックスホーンに搭載。
オーディオの楽しみ方を知ってる。
素晴らしいですね。

c0143750_1857559.jpg


同社のPCMXは、M4ドライバー用ホーンの延長フランジ。
下の図は、そのM4ドライバー用ホーンであるPC1594Mのものです。
ホーンの一番外側の部分(黄色)がPCMXです。

c0143750_0333739.jpg


c0143750_0335058.jpg


黄色に塗ると、親近感がでてくるから不思議。
冗談はさておき、上の図面には"PCMX low frequency extension"との記載があり、PCMXが低周波数用の延長部分であることが分かります。
PC1594Mのパンフレットにも、"PCMX: Mouth extension for 225 Hz operation; highly recommended for optimum performance"との記載があり、ホーンの下限周波数帯域の充実を図ることを目的にしているようです。

ご存知とは思いますが、ここにはJBL2380Aホーンに延長部を取り付け、500Hzから使用可能なホーンに改造した例が掲載されています。
2380Aのような開口部の全周に平坦な縁があるホーンであれば、このPCMXのような延長板を取り付けることは難しくないように思われます。

下の画像は、Peaveyの44XTドライバー用のホーン、CH-7(1.6インチスロート径)。
そして、これに延長板を付けたらどんな具合かしらと作図したものです。
全体のイメージは、ALTECのMRⅡ594A
左右縁の延長板よりも、上下縁の延長板にグッと角度をつけて広げてみました。

c0143750_21202931.jpg


c0143750_21204246.jpg


このPCMXは、PC1594M、1564M1542Mの付属品ではなく、別途購入しなければなりません。
ここにPCMXの値段を尋ねると、554ドル。
ここだと、M4ドライバーが1350ドル、PC1594Mが880ドル。
全部で2784ドル。う~ん、ちと高い。
M4ドライバーだけ買ってホーンは自作?
M4ドライバー用のホーンとしては、SH2064Mという手ごろなサイズのホーンもあり、M4ドライバーのポテンシャルを楽しむなら、これでもいいかも。
お値段、480ドル






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-03-26 18:59 | Community | Comments(0)
Community Leviathan Ⅱ(2)
Leviathan Ⅱは、6発の38cmウーファー、168mmダイアフラム4インチスロートのM4コンプレッションドライバー、89mmダイアフラム71mm2.8インチスロートのEM282コンプレッションドライバー2発による3ウェイです。
クロスオーバーは385Hzと1800Hz。
最大級の業務用スピーカーシステムです。
c0143750_148659.jpg

お正月はお休み。良いお年を。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-12-28 14:08 | Community | Comments(0)
Community Leviathan Ⅱ
初代リバイアサン(巨大な海獣で悪の象徴という意味)は、小型化されリバイアサンⅡに生まれ変わりました。
小型化されたと言っても、縦横1.8m、奥行き2.1m。
もちろんツアー用としても未だ大きすぎるため、スタジアム等で使用される固定設備用です。
c0143750_75967.jpg

















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-12-27 07:59 | Community | Comments(0)
Community Leviathan
70年代のツアー用PAシステムは奇抜なものが多く、目を楽しませてくれます。
大規模コンサートの揺籃期とも言えるこの時代にあらゆる方法が試されたとも言えるでしょう。

Communityサウンド創設者ブルースハウスは、70年代前半のエルビスプレスリーツアー用にリバイアサンバスホーンンシステムを製作しました。
この大きさですからトレーラーでの輸送に問題があったそうです。

低音ホーンにより指向性制御を行おうとしたのですが、商業的に失敗。
おかげで画像もこんなに小さなものしか見つけられませんでした。
c0143750_17561246.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2007-12-26 18:00 | Community | Comments(0)