カテゴリ:The others( 25 )
THX APPROVED EQUIPMENT LIST
昨晩、久しぶりにヨハネスさんとお会いしました。
5時間話し続けて最初から最後まで話の内容にブレがない。
なんということでしょう!

その話の中でTHXが認定したALTECのサラウンドスピーカーシステムはあるの?という疑問が。
二人とも知らなかったので調べてみました。

ところが調べても調べても出てこない・・・

ALTECと言えばサウンド与太噺。そこにはこんなことが書かれていました。
「アルテック・ランシングではメインシステムとしてA10/MR945Aが、サブウーハシステムとして8184が、そして9442A、9444B、9446Aの3機種のパワーアンプがTHX認定品となっています。」
う~む、しかし、サラウンドスピーカーは?

調べているうちにTHX APPROVED EQUIPMENT LISTというものを見つけました。
しかし、最新版にも2002年度冬版にもALTECのAの字もありません。

結局、THX APPROVED EQUIPMENT LISTというものを興味深く見ることができたという収穫はあったのですが、ALTECのサラウンドスピーカーシステムを発見することはできませんでした。
どなたかご存知ですか?




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-18 16:05 | The others
TRW-17
Eminent Technology社の超低音用のサブウーファーユニット。
・・・扇風機ではありません。
c0143750_2026589.jpg

作動原理は、一定の速度で回転している扇風機の羽が可変ピッチになっており、このピッチを変更することで低音が出ます。
羽の軸にはスピーカーと同様のボイスコイルがついていて、このボイスコイルに接続されたパワーアンプからの入力に応じてピッチが変化する。
そして、このピッチの変化により空気分子が動かされ、圧力波が生じ、これが低音になっちゃうというもの。
c0143750_20263170.jpg

動いている様子はこちら
よく見ていると、時々、ヒラっと羽のピッチが変るのが分かります。

性能もバッチリのようですが、問題は価格。
一個$12,900!



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-13 20:27 | The others
Phonogen Model 1A?
ヨハネスさんからお題を頂きましたフォノゲン、全く知りませんでした。
ありささんの綴りを手がかりに調べてみましたが、ドイツ語の壁にはばまれ残念ながら調査に失敗致しました。
c0143750_1062612.jpg

Electro-VoiceのHR6040?と組み合せた上のシステムには説明文がありませんが、フルレンジタイプのユニットがはっきり分かります。
c0143750_1064843.jpg

c0143750_107272.jpg

赤いホーンのOris 150と組み合せたこのシステムには少しだけ説明文があり、それによると樹脂か金属を型に流し込んで製作したホーンロードタイプの箱らしいです。また、能率も高そうです。
c0143750_10726100.jpg

上の画像からはバックロードであることがはっきり分かります。最初の画像のもとのはユニットがちがうような気もします。
c0143750_1074395.jpg

上の画像はフォノゲンなのかどうかが不明なのですが、かなり複雑な構造のようです。

という訳です。フォノゲン、謎のままです。特に、ユニットの口径が分からないのが残念です。
それにしてもお二方はよく知ってるなぁ・・・




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-10 10:07 | The others
FH001
イギリスのFergusonhill社のホーンシステムです。非常にスマート。
でも、ユニットはLowther。妙にマニアックです。

c0143750_20271198.jpg

c0143750_20272976.jpg


Speaker dimensions
Height 1.65m
Width 0.92m
Depth 0.72m

Specification
Drive unit: Modified Lowther DX3
Sensitivity 1M/1KHz/1 watt 100db
Nominal impedance 8 ohm
Weight 27 Kg each without damping fill


















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-08 20:27 | The others
Alphahorn
ウィーンのHaigner社の3ウェイシステム。
低音部はコンクリートホーンの46cmダブル、上下のウーファーユニットがそれぞれ向かい合うような角度で配置されているなんて面白い構成ですね。
また、低音部と500Hzでクロスする中高域部は、同軸型コンプレッションドライバーらしいです。
30Hzから21000Hz までインピーダンスは8Ω均一。へぇ~という感じです。カタログにも「!」マークがついていました。

c0143750_17181010.jpg

[PR]
by kiirojbl | 2007-11-06 17:18 | The others