カテゴリ:B&C Driver( 5 )
B&C SPEAKERS DE800, DE400 and DE400TN
B&C社のコンプレッションドライバーのダイアフラムの素材を調べてみると…

1 Inch
DE10, 1.5 - 18 kHz, 107 dB, 1 in   Mylar
DE12, 1.5 - 18 kHz, 106 dB, 1.4 in  Mylar
DE12TC, 1.5 - 18 kHz, 105 dB, 1.4 in  Titanium
DE160, 1.5 - 18 kHz, 107 dB, 1.7 in  Mylar
DE180, 1.5 - 17 kHz, 106.5 dB, 1.7 in  Polyimide
DE200, 1 - 18 kHz, 106 dB, 1.7 in   Titanium
DE250, 1 - 18 kHz, 108.5dB, 1.7 in   Polyimide
DE400, 1.2 - 18 kHz, 108.5 dB, 1.7 in  Polyimide
DE400TN, 1.2 - 18 kHz, 106 dB, 1.7 in  Titanium
DE500, 1 - 18 kHz, 107 dB, 1.7 in   Titanium

1.4 Inches
DE610, 1 - 18 kHz, 108 dB, 2.5 in  Titanium
DE60TN, 0.5 - 18 kHz, 107 dB, 3 in  Titanium
DE82TN, 0.5 - 18 kHz, 106.5 dB, 3 in  Titanium
DE800, 0.5 - 18 kHz, 108 dB, 3 in   Composite Polyimide/Titanium
DE900TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in  Titanium
DE920TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in  Titanium
DCM36, 0.4 - 11 kHz, 108.5 dB, 2 in

1.5 Inches
DE700TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in  Titanium
DE1000, 0.5 - 20 kHz, 109 dB, 4 in   Titanium

2 Inches
DE64TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in   Titanium
DE85TN, 0.5 - 18 kHz, 107 dB, 3 in    Titanium
DE750TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in  Titanium
DE950TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in  Titanium
DE1050, 0.5 - 20 kHz, 109 dB, 4 in    Titanium
DCX50, 0.4 - 16 kHz, 108.5 dB, 2 in
DCM50, 0.4 - 10 kHz, 108.5 dB, 2 in

このように、3インチや4インチダイアフラムを使用したハイパワー用のコンプレッションドライバーは、ほとんどチタンです。
例外は、DE800。これはポリイミドとチタンの複合材だそうです。

面白いのは、外観や大きさ重さがそっくりのDE400(下の画像)とDE400TNです。
同じ磁気回路を使用しながらも、ダイアフラムの素材だけが異なります。
DE400はポリイミド、DE400TNはチタン。

パンフレットを比べてみると、DE400の能率は108.5dBとDE400TNの106dBよりも高く、推奨クロスはDE400が1.6kHzなのに対してDE400TNが1.5kHzとなっており、能率ではポリイミドが、耐久性ではチタンの方が、優っていることが分かります。
音色もおそらく異なるのでしょう。
適材適所というか柔軟な設計思想は、老舗の懐の深さを感じさせますね。

c0143750_17402749.jpg



















.
[PR]
by kiirojbl | 2008-11-05 17:40 | B&C Driver | Comments(0)
B&C SPEAKERS Diaphragm Materials
B&C社は、コンプレッションドライバーのダイアフラムの素材に、マイラー、チタニウム、ポリイミドの3種類の材料を使い分けています。

マイラーはとてもスムースなトランシェント応答を特徴とし、チタンはパワーハンドリングと信頼性に優れ、ポリイミドはパワーハンドリングと感度、そして、高域のレスポンスに優れているそうです。

なお、ポリイミド (polyimide) は、繰り返し単位にイミド結合を含む高分子の総称であり、マイラー(Mylar)は、デュポンが開発した、ポリエステルフィルムの商標だそうです。

We realized 3 different diaphragm materials Mylar, Pure Titanium and Polyimide.
Each material has its own unique benefits and qualities.
The Mylar allows for an exceptional smooth transient response.
The pure Titanium is superb power handling and excellent reliability in the field.
The Polyimide achieves very high power handling and sensitivity levels and creates a smooth top end response.



















.
[PR]
by kiirojbl | 2008-11-04 16:39 | B&C Driver | Comments(0)
B&C SPEAKERS DCM36 and DCM50
DCM36は1.4インチスロート径、DCM50は2インチスロート径の中域用コンプレッションドライバーです。
スロート径を除き、スペックは略同じですが、DCM50の再生帯域が400Hz~10kHzなのに対して、DCM36は400Hz~11kHzと高域側のレスポンスに多少の差があります。
これは、DCM36のスロート径が絞ってあるからでしょう。

構造は不明です。おそらくDCX50から高域ドライバー部分を除いたような構造ではなかろうかと思います。
下の画像はDCM50です。
c0143750_17385265.jpg

下の画像はDCM36の図面です。
c0143750_1739738.jpg





















.
[PR]
by kiirojbl | 2008-10-31 17:39 | B&C Driver | Comments(0)
B&C SPEAKERS DCX50
以前、HPでご紹介したB&C社の2インチスロートの同軸型ドライバーです。
このDCX50は、5インチコーン型中域ドライバーと、リング型の高域ドライバーを備えています。
B&C社の特許出願を調べていると、以下のような図面を発見しました。
おそらく、これがDCX50の構造だと思います。
c0143750_23575494.jpg


c0143750_051796.jpg

中域ドライバーのボイスコイル径は2インチ、高域ドライバーのボイスコイル径は1.2インチです。
中域ドライバーの複合材から作られたコーン型ダイアフラムは、放射状のスリットを有するフェーズプラグと組み合わされています。
また、中央に位置する高域ドライバーは、Mylar製のリング型ダイアフラムを備え、JBL社の075と略同様の構造です。
なお、DCX50の推奨クロスは、400Hzと9kHzです。
下の画像は発表時のDCX50の画像です。特許図面のドライバーと酷似しています。
c0143750_23582471.jpg

下の画像は、リデザインされ、製品化された現在のDCX50の画像です。
素晴らしいデザインです。
c0143750_23584675.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2008-10-30 23:58 | B&C Driver | Comments(0)
B&C SPEAKERS DE1000 and DE1050
B&C社は、非常に多種多様のコンプレッションドライバーを製造しています。
ズラズラと並べると、こんな具合です。
数値は、冒頭のタイトルがスロート径、そして、各型番、再生周波数帯域、能率、ボイスコイル径と続きます。

1 Inch
DE10, 1.5 - 18 kHz, 107 dB, 1 in
DE12, 1.5 - 18 kHz, 106 dB, 1.4 in
DE12TC, 1.5 - 18 kHz, 105 dB, 1.4 in
DE160, 1.5 - 18 kHz, 107 dB, 1.7 in
DE180, 1.5 - 17 kHz, 106.5 dB, 1.7 in
DE200, 1 - 18 kHz, 106 dB, 1.7 in
DE250, 1 - 18 kHz, 108.5dB, 1.7 in
DE400, 1.2 - 18 kHz, 108.5 dB, 1.7 in
DE400TN, 1.2 - 18 kHz, 106 dB, 1.7 in
DE500, 1 - 18 kHz, 107 dB, 1.7 in

1.4 Inches
DE610, 1 - 18 kHz, 108 dB, 2.5 in
DE60TN, 0.5 - 18 kHz, 107 dB, 3 in
DE82TN, 0.5 - 18 kHz, 106.5 dB, 3 in
DE800, 0.5 - 18 kHz, 108 dB, 3 in
DE900TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in
DE920TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in
DCM36, 0.4 - 11 kHz, 108.5 dB, 2 in

1.5 Inches
DE700TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in
DE1000, 0.5 - 20 kHz, 109 dB, 4 in

2 Inches
DE64TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in
DE85TN, 0.5 - 18 kHz, 107 dB, 3 in
DE750TN, 0.5 - 18 kHz, 107.5 dB, 3 in
DE950TN, 0.5 - 18 kHz, 108.5 dB, 3 in
DE1050, 0.5 - 20 kHz, 109 dB, 4 in
DCX50, 0.4 - 16 kHz, 108.5 dB, 2 in
DCM50, 0.4 - 10 kHz, 108.5 dB, 2 in

よくもまあこんなに作り分けることができるなぁと感心します、というか、あきれます…
本題のDE1000(下の画像)は、1.5インチスロート/4インチチタンダイアフラムのドライバーです。
ネオジウム磁気回路を搭載しており、JBL社の2451Hと同内容です。

c0143750_16351435.jpg


B&C社は、長年コンプレッションドライバーを作り続けていた訳ですが、なんと、4インチダイアフラムのドライバーはこの最新鋭のDE1000、1050が初めてなんだそうです。
今までは3インチダイアフラムが同社ドライバーの最大径だったということです。
その理由は???

下の画像は、DE1050です。
DE1000にスナウト(筒先)を取付けて2インチスロートにしたものだと思います。

c0143750_16352964.jpg





















.
[PR]
by kiirojbl | 2008-10-29 16:35 | B&C Driver | Comments(0)