カテゴリ:Music( 1 )
Haydn Edition 150CD
c0143750_213587.jpg


このボックスを購入した動機はアダム・フィッシャーのオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団による交響曲全集。
でも、クチコミによるとバリトン三重奏など、バリトンを使用した全曲がCD112からCD131に収められていることが特徴だそうだ。

c0143750_16472046.jpg


演奏したのはエステルハージ アンサンブル(上の画像)。
中央のバリトンがMichael Brussingさん、ヴィオラがAndras Bolykiさん、チェロがMaria Andrasfalvyさん。
ハイドンザールのステージの上から客席側を背にして撮影したものだね。

2006年~2009年、エステルハージ宮殿での録音。
演奏も録音も大変素晴らしいです。
2009年にこのエステルハージ アンサンブルがバリトンのハイドン作品を発売したことは画期的なことだったようで、このことはwikiにも紹介されていた。

下の画像はMichael Brussingさんのbaryton。

c0143750_20172992.jpg


う~む、なんと美しい楽器なのだろう…


Barytonという楽器を知らなかったので調べてみた。
wikiによると、チェロと似た大きさで7本または6本のガット弦と9本から24本の共鳴弦を備えている。
そして、ガット弦は弓で弾き、共鳴弦は左手の親指で弾くそうである。
理解できないのでYouTubeを見てみると…




なんと、弓用の弦と共鳴弦と呼ばれるものが2階建てバスのように配置されているではありませんか!
youtubeでは共鳴弦がBメジャースケールだと説明しています。
Michael Brussingさんのbarytonでは、7弦で共鳴弦は10弦あるように見えます。
う~ん、これは大変な演奏技術が必要。
案の定、こうしたことがネックになってこの楽器は使われなくなってしまったそうです。




wikiによると
「バリトンの曲目として最もよく知られているのは、ハイドンがこの楽器を嗜んだエステルハージ侯爵の為に書いた175曲である。
これらのうち126曲は、ヴィオラ・チェロ・バリトンの三重奏である。
これらの曲は1766年から1775年まで、ごく初期に書かれた。
エステルハージ侯が愛用していたバリトンは、ヴィオラ・ダ・ガンバのように調律されていた。」








c0143750_1915351.jpg

最近はボックスセットのCDばかり聴いている。
理由としては、探さなくてもいいからかもしれない。
箱だからすぐに見つかるというか、どこかにまぎれて出てこないということがない。
ボックスセットのリストをパソコンで検索すると小品でも発見が楽。

それからCDの解説は字が小さくて読んでられない。
そのためwikiや詳しいサイトでそうした解説を読んでしまう。
こういう解説ではその作曲家の他の関連作品についても解説していることがある。
セットものであればそうした関連作品をすぐに聴ける。

それから格安のセットにもかかわらず演奏、録音ともに優秀になってきている。
需給のバランスがほぼ限界なのではないか。
これが一番影響しているかも。




かわるがわる聴いている箱は…
ピアノ(50CD)、DHM50th(50CD)、カラヤン(38CD)、マーラー(11CD)、ショスタコービッチ(12CD)、ハイドン(150CD)、モーツァルト(170CD)、ブラームス(60CD)。
他にもあるけど、これだけでも足し上げてみると541枚もあるんだ。
ちょっとびっくりした。

という訳でボックスでしか買わなくなってきている。
ボックスセットの未収録曲はチェックしておき、"そのうち買いますリスト"を作ってあるが、買ったためしがないです。




曲より演奏重視というのが好きになれない。
レコード会社は売れる曲を売れる演奏家に依頼する。
同じ曲ばかりを異なる演奏家が演奏する。
同じ曲の異なる演奏を比較して喜ぶのがクラシックの趣味ということ。
レコード雑誌にそんなふうに躾けられてしまった。
考え方がオーディオ雑誌と同じだね。
マンネリになるのは当たり前。

根底にあったのは手っ取り早く売り上げを伸ばすこと。
それを続ければどんな商売でもダメになる。

赤い花と白い花、どちらが素敵か?
ということばかり問題にしているように装えば、
花と星はどちらが素敵か?
などということは誰も問題にしなくなる。

だからそういうクラシック趣味というのはおかしいと思ってる。
別の楽しみ方もあるということ。
レコード雑誌もそのうちなくなるしね。
それもあってボックスものを聴いているのかもしれない。
[PR]
by kiirojbl | 2010-11-23 16:42 | Music