カテゴリ:DIY Turntable 2( 4 )
DIY Turntable 2 (4)
68アームの慣らし中ですが、プラッターを自作するとどうなるかを検討中。

c0143750_21202884.jpg


68アームは取付け方法に自由度があるため、巨大なプラッターと組み合わせることができます。
厚さ3cm、直径60cmのアクリル製プラッターの重量を計算してみると、約10kg。
慣性質量は、半径の2乗に重さを乗算し、2で割るそうですから、4.5トン・cm2となります。
マイクロSX-8000Ⅱが3.5トン、ヤマハGT-2000のYGT-1が3.6トン。
テクニクスSP-10Ⅲなどは1.1トンと論外。
慣性質量は半径の2乗と重さの乗算ですから、重さよりも直径が重要。

YGT-1の重さが18kgもあることに気付いたのがきっかけ。
ダイレクトドライブってプラッターを重くするとサーボ系に問題が出るとか…
この程度の重量や慣性質量ならいいということかしら?
ならばPL-30Lでも可能かもね、という訳なのです。

PL-30Lのプラッターにアルミ円板やステンレス円板を数枚載せて約7kgにし実験をしてみました。
立ち上がりがやや遅くなるぐらいで問題なし。
68アームの懸架方法の検討、全体のデザインの練り直しと、1年か2年は設計を楽しめそうです。
これで音が良くなるのかは?ですから、実現するかどうかは神のみぞ知るですけど。

c0143750_20381083.jpg


直径50cm程度(質量7kg+アルミトッププレート、慣性質量2.2トン~2.5トン)なら少々の改造ですみます。
250mmのリニアシャフトを新たに磨かなくてはならないものの、この案はちと安直。
しかし、こんなんでも見てくれは面白そうだから、これでいいかもね。

c0143750_02952100.jpg


PG601を2個増やせば、シンプルなSF2をこんな懸架タイプのアームに変更することができる。
200mmのリニアシャフトはそのまま。
パイジョンはなかなか綺麗なパーツなので、見栄えがするかもね。
これなら直径90cmのプラッターでも大丈夫だ。
慣性質量はカッティングマシンのプラッターをしのぐかも。

プラッターもアームもオリジナルなら、やはりモーターも考えてみたくなる。
ネットでモーターを調べてみるとネオジム磁石を搭載したコアレスモーターや超音波モーターなど面白そうなものが沢山ある。
PL-30Lのモーターって現代の技術水準から見るとかなりお間抜けな雰囲気。
どうしようかな。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-03-12 20:50 | DIY Turntable 2 | Comments(0)
DIY Turntable 2 (3)
DIY Linear Tracking Tonearm

http://kiirojbl.exblog.jp/i109/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/2/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/3/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/4/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/5/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/6/
http://kiirojbl.exblog.jp/i109/7/

DIY Turntable

http://kiirojbl.exblog.jp/i108/
http://kiirojbl.exblog.jp/i108/2/
http://kiirojbl.exblog.jp/i108/3/

DIY Turntable 2

http://kiirojbl.exblog.jp/i110/


Please click "Translate this web page to English" of a right side frame.







2号機がようやく完成しました。
うれしいな。

c0143750_2212379.jpg


アクリル板が小さいためアルミの脚部の存在感があります。
高さがある割には水平方向のサイズがコンパクトです。

なお、アルミの脚部とアクリル板の間には円形の厚手のビニールシートを挟んであります。
このビニールシートはアルミの脚部の上面とアクリル板の底面にべったりと貼り付いてしまうため、アルミの脚部はアクリル板に接着されたような状態になっています。

アルミの脚部の底面にはaudio-technicaのAT6091を挟んだり厚手のフェルトを挟んだりして様子をみています。

石板は玄関の敷石の予備。
重さを量ってみると1枚約5kgでした。
あまり重くありません。

c0143750_2214448.jpg


回転数の切り替え表示のLEDを取り外す際にLEDの細くなっている先端部を折ってしまい、このため点灯しなくなってしまいました。
手元にあった黄色いLEDに取り替えたところ、これがうまく点灯。

この2号機は黄色いホーンシステムと組み合わせる前に白ホーンシステムで調整をしてゆこうと思っています。

c0143750_222598.jpg


これで約7ヶ月にわたるレコードプレーヤー騒動も一段落。
個性的なシステムを製作できたので大満足です。

c0143750_1043291.jpg


資料室はしばらくお休みします。

c0143750_1820439.jpg


見ているだけでとても楽しい。

c0143750_13544913.jpg


そして、あのころの音が帰ってきた!
























.
[PR]
by kiirojbl | 2010-02-21 22:02 | DIY Turntable 2 | Comments(0)
DIY Turntable 2 (2)
ナイロンの釣り糸を使用した吊り下げタイプの脳内開発は延々と続けられ…
c0143750_19372634.jpg


引っ張りバネと釣り糸の繰り出し長さのアジャスターにより、かなり現実味が出てきました。
2重デッキになったのは、見てくれの良い糸の固定方法を考えているうちに。

c0143750_19373341.jpg





現実味というのはうまく作れそうだというお話であって、実際の使い勝手に不安が残ります。
トーンアームの操作をすると、ゆらゆらと揺れるのではないかという不安。

それにちょっと大きいのが気に入らない。
リニアトラッキングアームは非常に小さいですし、ターンテーブルはコンパクトなダイレクトドライブタイプですから、大きなボディとは視覚的にバランスがとれないような気がします。
そんなこんなで謙虚な?プレーヤーを考えるようになりました。

倉庫にあったのは397mm×397mm、厚さ12mm、重さ5kgちょっとの2枚の赤茶色の石板(御影石だと思う)。
この2枚の石板の間にaudio-technicaのAT6091を挟み、ここで振動を熱に変える。
しかし、釣り糸による吊り下げタイプに比べると構造的な面白さがなく今ひとつのような…

c0143750_19375691.jpg


このシンプルなプレーヤーを考えてから、本当に気に入るかどうかしばらく放置。
しかし、いつまでたってもこの案から頭が離れない。
他の案を検討しても、この案に戻ってきてしまう。
こういう場合は作ってよし、なのです。

TT71とWE308Lを組み合わせた2つの自作プレーヤーはとても大きく重かった。
このため大きなプレーヤーシステムというのは、もういいかなと思っています。
というか、単に大きくて重いというのは、DIYの工夫とは無縁の世界。

今後大きいのを作る場合は、プラッターだけではなく、モーターや伝達系も自作してみたい。
反転フライホイールブレーキとか、超多極低速ロングモーターとか、流体駆動伝達系とか、ド派手LED透過照明群など、悩ましくもアホっぽいアイディアが目白押し!

このプレーヤーは主に黄色いホーンシステムと組み合わせる予定です。

c0143750_13122661.jpg


はいっ、お楽しみの時間がやってまいりました ♪


















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-02-12 19:38 | DIY Turntable 2 | Comments(0)
DIY Turntable 2 (1)
WE308Lのインサイドフォースキャンセラーの糸を釣り道具屋に買いに行きました。
直径0.1mm程度、長さ91mのナイロン製で約800円。
残念ながら短いのがなかったのです。
で、インサイドフォースキャンセラーの修理は簡単に済んだものの長い長い釣り糸が残ってしまいました。

ナイロン製なら伸縮性があるんだよなぁ…とぼんやり考えていると、これでサスペンションを作れないかと思うようになりました。
ナイロン糸で垂直に懸架してもうまく働かないような気がするので側方から引っ張るようにすればどうかと。

c0143750_8113354.jpg



c0143750_811432.jpg


大きな円形の部材は、脚部に使用するために購入しておいた円柱状のアルミ材。
もし、ナイロン糸がうまく働かない場合には、下の画像のように本体底面に引張バネを設けることも考えています。

ダストカバーやベースについて検討中なので、この案のまま製作するかは未定です。



c0143750_8483711.jpg


引張バネを4つ使用して、独立懸架。
さらにテンショナーを加える…

c0143750_8535745.jpg


独立懸架なら、こんなデザインも可能です。
というか、イメージがまとまらない。
う~む。

c0143750_22314795.jpg


中央にもバネを入れて長手方向も安定させる。

c0143750_22315967.jpg


これにしようかなぁ…
こういう迷いがあるときには、すぐに手を出してはいけない。




このプレーヤーは4作目。
納得できるまで頭の中で試作を繰り返し、のんびり設計します。




ドル崩壊が近い?
BMSの同軸ドライバーを個人輸入しようかしら。
21インチウーファーはどうだろう。
こんなことでコーフンするのは不謹慎だなぁ。
ならばFW800HSというのも面白いかもしれない。
このFW800HSは実効質量がぐっと大きくなり、その異様な雰囲気に惹かれてしまいます。





c0143750_211124.jpg


12月5日に発売開始だそうです。
V8、6.2L。
見てみたい。



c0143750_13165764.jpg



黄色が好きなのはヤマハUSインターカラーの思い出。
当時のケニーは本当に凄かった。


c0143750_14163721.jpg



c0143750_13585081.jpg



XSエンジンのダートトラッカーとケニー。
ハーレー、ヤマハ、ノートン。


c0143750_1438115.jpg



バーチカルツインのXSエンジンは、Yamahaが最初に作った4サイクルエンジン。
これの最終型とも言えるXS650Specialに乗っていた。
同じ大学の二輪会の会長さんは、このエンジンがベンチで12000回転も回ったとか言っていた。
しかし、XS650Specialでは僅か5000回転で視界がぶれるほどの振動を発生した。






3:20からの最終コーナーでバリーシーンが得意げにケニーを抜き去る。
後ろでバリーのラインを読むケニー。
そして、最終ラップ最終コーナーでお返しをする。
お調子者のバリー。
哀れな奴。

イギリスの人気者のバリー。
イギリスの二輪産業を壊滅させた日本製マシンに小柄で無口で不気味なヤンキーのケニーがまたがる。
これはイギリスのシルバーストンのレース。
前年にケニーはバリーを下しチャンピオンに輝いた。
なんとかケニーに一矢を報いたい。
だからアナウンサーがバリーシーンの名を連呼する。

実に腹立たしいレースだったに違いない。
落日のイギリス。



黄色が似合うハイパワーマシンは少ない。
2360Aの他はRUFのイエローバードぐらいか。
うはは、冗談ですよ。



c0143750_1710432.jpg


YAMAHAと言えば、TR-1のVツインエンジンがおしまいになり、この新型エンジンになった。
TR-1には乗ってみたかったけど、結局それはかなわなかった。


c0143750_17105586.jpg



TR-1のエンジンは30年以上生産されていたのではなかろうか。
XSのバーチカルツインよりも長い?
いいエンジンだったんだろうなぁ…




防振について調べているとハネナイトという防振ゴムがあることが分かりました。
他にもソルボセインという防振材もあるそうです。
こういうのを使うと糸吊り構造なんか必要ないような気がしてきました。

c0143750_17523553.jpg




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-11-17 08:11 | DIY Turntable 2 | Comments(0)