カテゴリ:DIY Turntable( 8 )
DIY Turntable (8)
DIY Turntable

http://kiirojbl.exblog.jp/i108/
http://kiirojbl.exblog.jp/i108/2/
http://kiirojbl.exblog.jp/i108/3/

Please click "Translate this web page to English" of a right side frame.


組み上げたもののAT-DS3の右CHから音が出ません。
それにジィーという小さなノイズが出ます。
もう一度やりなおし。
AT-DS3から音が出ないのはRCA端子に半田付けした極細リード線から1本だけ芯線が飛び出しこれがショートしていたため。
ノイズはワニ口クリップでモーター基部もアースに接続したところ消えました。

c0143750_21162138.jpg


端子板は断面L字型のアルミ材を切断して製作。
ヘッドシェルの指掛けはこれの端材。

c0143750_2116381.jpg


モーターに接続されている配線とSF-1のリード線が交錯するため、モーターの配線を下の画像とは逆の左側に出すように変更。

WE308Lのダストカバーも作りました。
アクリルサンデーのアクリル用接着剤を使用しました。
これは大変面白かった。
水のようにさらさらの液体(二塩化メチレン)を付属のスポイドで接着の2枚のアクリル板の内側の角部分にさっと塗る。
すると液体がアクリル板の接合する部分に見事に浸透してゆきます。
残念ながら液体が少し飛び散ってしまい白い小さなシミがいくつかできてしまいました。
次回はマスキングしてからやってみよう。

c0143750_2117026.jpg


新しい250mmのリニアシャフトはどうだろう。
最初から針圧3gで全くミストラッキングなし。
内周側の無音溝でのゴロゴロ音がほとんど聴こえない。
リニアシャフトの平滑性は重要だと思います。

c0143750_2234109.jpg


SF-1と68アーム、とても美しい。
270Cを搭載したアームも針圧2.5gで問題なく作動します。
軽針圧化が今後の課題。
でも軽針圧って利点があるのだろうか?


c0143750_22342282.jpg


c0143750_21131092.jpg


c0143750_2113289.jpg


アクリルという素材はこういう増築?のような改修をした場合でもスマートに見えます。
こうした実験的なプレーヤーを製作する場合、意外と良い素材かもしれません。
仕上げをしなくてもすむのがDIY的に助かります。

アクリル板にはキャスト材と押出し材の2つのタイプがあり、使用しているのはすべて押出し材です。
押出し材は安価で板厚の寸法精度が非常に高いという特徴があります。
その精度の高さゆえか積層してボルトで締め付けると光の干渉模様を見ることができます。

c0143750_21572816.jpg


隣の大型スピーカーは白ホーンシステムです。
























.
[PR]
by kiirojbl | 2010-02-18 21:17 | DIY Turntable
DIY Turntable (7)

c0143750_20373138.jpg


今回はアクリルサンデーのアクリル板専用ビットを使用しました。
このドリル刃は、とても綺麗に仕上がります。
ドリル刃の摩擦熱でアクリル板が溶けるので、水滴を垂らしながらドリル刃が過熱しすぎないようにのんびりと作業します。
ドリル刃の直径は5mm。
ボルト類は全てM4を使用(ただしPL-30Lの制御基板を支える4本のボルトはM3)。

c0143750_216280.jpg


トリプルアームの1号機の改修と、新型2号機の製作が同時進行。
1号機のSF1のアームベースのアクリル板の大きさは250mm×120mm。
厚さ10mmのを2枚重ね。

一方、新型2号機では、本体が280mm×280mm×10mmの2枚重ね。
アームベースが250mm×180mm×10mmの2枚重ね。

プラッターを搭載していない状態だと1号機の方が立派に見えるでしょ。
しかし、ためしにプラッターを搭載し石板の台に載せてみると2号機の方が遥かに遥かに高級感があります。
アクリル板を小さめにし、高さ方向の空間の変化を強調したのがよかった。
このデザインの検討にはかなり時間をかけました。

c0143750_20374559.jpg


c0143750_2161679.jpg




YouTubeのリニアトラッキングアームの動画についてラトビアの方からメールを頂きました。
こういうことがあるとラトビアという国が急に身近に思えるようになります。
ラトビア共和国はバルト三国のひとつ。
wikiによるとバルト海はヨーロッパの北の地中海。
塩分濃度が低い、ふむふむ。

ヨーロッパの東側は、ドイツから古城ホテルに飛び込みで宿泊しながら、チェコのプラハ、オーストリアのウィーン、それからスイスに抜けるというルートをレンタカーで家族旅行したことがあります。
古城ホテルでオーナーやいろいろな国の宿泊者とレストランで話をしたりするのも楽しかったですが、やはりプラハとウィーンは素晴らしかった。

今度は、ポーランド、リトアニア、ラトビアを巡り、それからトンボ帰りしてハンブルグ、コペンハーゲン、オスロ、ストックホルムというルートはどうだろう。
少し調べてみよかな。

同様にウクライナの方からもメールを頂いたことがあります。
ラトビア共和国はソ連時代に重工業が盛んだったそう。
ウクライナには農業国というよりも何故か工業国というイメージを持ってます。
というのも確かT-80は、おおっ、やはりウクライナで改善作業…などと。
だから日本と同様にメカ好きの方が多いのだろうなぁ。

ウクライナについてもwikiで読んでゆくとひき込まれてゆく。
う~む、トーンアームの製作という卓上での小さなお遊びが世界を無限に広げてゆきます。

c0143750_20251095.jpg



そういえば、これもウクライナ産なのよね。
いやぁ、これ、好きなんだ。
高翼配置のおおらかな機体がとても優美に見える。
自家用に1機ほしいけど、これは世界に1機しかない。










電話番号が表示されている。
今度引越しをするときはお願いしましょう。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-02-14 20:37 | DIY Turntable
DIY Turntable (6)
c0143750_14434623.jpg


c0143750_13341699.jpg


c0143750_1251131.jpg


c0143750_18263175.jpg


c0143750_1444331.jpg


c0143750_18175339.jpg


c0143750_14495866.jpg


5pinコードがないので、シェル・カートリッジ間のリード線端子を流用しました。



このSAECのロングアームは高校2年生の夏に購入したんだ。
当時のオーディオ装置で生き残っているのは、このアームだけ。
こうしてまた使うことができて幸せです。



WE-308Lの取扱説明書(日本語版)は、ここからダウンロードしました。
SL-1700の詳しい資料も入手でき、とても助かりました。
このサイトのLibraryの資料を利用するためには無料登録が必要。
所定事項を書き込み、意味の無い5つの単語のうち、指定された1番目から5番目のいずれかの単語(例えば3番目とか)を書き込みます。




画像をクリックすると大きくなります。





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-12 14:44 | DIY Turntable
DIY Turntable (5)
最後は、PL-30Lの制御基板、トランス、スイッチ部を収める箱の製作。
9mm厚のMDFを使用した箱のサイズは300mm×218mm×98mmです。

c0143750_1538352.jpg


c0143750_15381819.jpg


c0143750_15383362.jpg


c0143750_1842492.jpg


回転しました。
めでたしめでたし。

今回の公開DIY、お楽しみいただけましたでしょうか?

この企画、なかなかスリリングでした。
だって、なかなかうまくいかないよね、こういうの。
ホッとしてます。

c0143750_0275744.jpg


2000円のターンテーブルが100万円程度のプレーヤーに化けたということよりも、アクリルとMDFという新しい素材を体験できたことの方がうれしいです。
音出し等は、そのうちHPにUPしますね。


























.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-11 15:39 | DIY Turntable
DIY Turntable (4)
アクリルは柔らかく欠けやすいので、手加減をしながらドリルやホールソーで穴をあけました。
プラットホーム部分の穴あけが終わったので、アームを乗せてみました。

c0143750_19582927.jpg


仮組み、というか、これで本体はほぼ完成。
あとはアルミの脚を透明の両面テープでくっつけたりするだけ。

画像をお楽しみあれ。

c0143750_22452065.jpg


ターンテーブルには、1.5mm厚のステンレス板がのっけてあります。
このステンレス板の重さは約0.8kg。
5枚あるので、約4kgまで増加できます。

c0143750_029138.jpg


c0143750_22453488.jpg


c0143750_2245473.jpg


c0143750_22455950.jpg


アクリル板は美しくシロート細工に見えないのがいい。

c0143750_23322944.jpg


モーターは真鍮製のスペーサーを介してアクリル板に取り付けられている。
この真鍮製のスペーサーは、ノーマルのPL-30Lに使用されているものを流用。

c0143750_23324091.jpg


プラットホームは、右手の小指側部をこれに乗せ正確に針を落とすことを考え、設けました。

c0143750_23325380.jpg



















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-10 19:58 | DIY Turntable
DIY Turntable (3)
PL-30Lの臓物は、制御基板、トランス、スイッチ部の3つです。
そのスイッチ部というのは、ターンテーブルの周囲にはみ出したカバー部分に取付けられています。

c0143750_15312683.jpg


裏返すと…がらんどう。

c0143750_15313929.jpg


おもむろに無駄な部分を切ります。

c0143750_15315472.jpg


うはは。

c0143750_1532713.jpg





















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-10 15:32 | DIY Turntable
DIY Turntable (2)
ターンテーブルはパイオニアのPL-30L
モーターを取り出してみた。

c0143750_1745640.jpg


モーターの側部にあるローター止めを外すと、ステーターとローターを分離できます。
オイルに濡れた小さなボールベアリング。

c0143750_17452169.jpg


モーターからは13本のリード線が出ており、これが1枚の制御基板に接続されている。
この制御基板、トランス、スイッチ部を別筐体に収めるため、13本のリード線を70cmほど延長することにした。
おっと、熱収縮チューブを忘れてる!

c0143750_14425511.jpg


半田付けして、熱収縮チューブで半田付け部分を絶縁。

c0143750_14433249.jpg


コイルチューブで電線をまとめました。
テストしてみると、ちゃんとターンテーブルが回ります。
やほほ!















c0143750_1293182.jpg


よかったなぁ、この映画。
1920年のインディアンスカウト。

このバイクで挑戦した理由は?
いや、このバイクと付き合った動機はなんだったんだろう。
一晩中考えてしまい、寝られなかった。



c0143750_134060.jpg


米国で購入したオートバイ図鑑には、こんなことが書いてあった。

Indians captured 14 of 17 national title events in 1920, but once again Harley-Davidson won the long races and with them the championship.

The following year, the last for Harley's factory team, the Milwaukee riders won all the national championship events. Indian had finally been humbled.

But 1920 was also the year the Charles Flanklin's engineering prowess was certified with the release of the 600cc Scout.

Franklin had remained convinced, despite considerable evidence to the contrary, that American riders would accept a middleweight machine.

The two-cam side-valve made about ten horsepower, and could be readily tweaked for more urge.

With gear-drive primary and three-speed transmission, the Scout was good for about 60mph (97kph) in stock trim. And the machine handled far better than the Powerplus.




















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-07 17:45 | DIY Turntable
DIY Turntable (1)
夏休みの工作、実況中継。

c0143750_1730388.jpg


今日届いたのが4つのアルミの脚部。
直径70mm×高さ32mm。

c0143750_14242913.jpg


アクリル板も届きました。
400mm×200mmが2枚、300mm×200mmが2枚、120mm×120mmが2枚。
何れも10mm厚。

このアクリル屋さんは、非常に迅速丁寧。
素晴らしい!

c0143750_14254570.jpg


両面に保護膜が付いているので全貌は分かりかねますがワクワクします。
精度も高くカットも丁寧。
この保護膜には「旭化成ケミカルズ デラグラスA メタクリル樹脂押出板」と表示されています。
この保護膜は最後の最後まではがしません。

c0143750_1425997.jpg


アルミ円柱を600番の耐水ペーパーやすりで軽く磨き、ピカールで軽く仕上げる。
まるで根気がないのです。
でも、割とピカピカに仕上がりました。
(手ぶれの画像が、これまた綺麗!)
これ、真ん中に浅い穴を開け、底面にフェルトを貼れば、レコードスタビライザーになるね。

c0143750_14244127.jpg


レコードスタビライザーにする場合、センターがうまく出ない可能性がある。
その場合は、大きめ穴を開けて、底面にスピンドルの直径の穴を開けた薄い合板等を位置調整後、両面テープでくっつける、というのが解決策になるかも。






















.
[PR]
by kiirojbl | 2009-08-06 14:27 | DIY Turntable