カテゴリ:EV System( 15 )
Electro-Voice XLD281 and XLE181
EV社のXLD281とXLE181は、XLVCシリーズのラインアレイスピーカーシステム。
XLVCの"VC"は"Very Compact"の意味。
XLD281は、8インチのロー、8インチのロー/ミッド、2インチ径ボイスコイルのコンプレッションドライバーが2発という構成。

c0143750_22132230.jpg


2発の8インチはDVN2080、コンプレッションドライバーはND2です。
何れもネオジム磁気回路を搭載。
DVN2080はコーンの凹部に発泡樹脂を充填した平面型だと思います。

c0143750_22134273.jpg


ND2が取り付けられているホーンは、120°×10°の平面波生成用のウェーブガイドホーン。
複数の音道を曲げてタイムアライメントの調整と垂直方向の広がりを抑えているようです。

c0143750_2225182.jpg


上の画像はXLE181
XLD281が変則的な3ウェイだったのに対し、これは8インチシングルの普通の2ウェイ。
平面波生成用ウェーブガイドホーンやND2が2発という点は同じです。

c0143750_22291618.jpg


サントリーホールの天井からぶら下がっているラインアレイシステムがXLD281とXLE181。
正面向きにXLD281が9基、左右背面の3方向にそれぞれXLE181が3基ずつだと思います。
詳しくはこちらこちらを。

ホールの案内の音声のみを聴きました。
音の良し悪しよりも残響時間が長いのが印象的。
サントリーホールの音響の解説によると2.1秒(満席/500Hz)。

c0143750_2246582.jpg


このラインアレイと同様に、天井からは透明の反射板が吊り下げられています。
吊り下げ高さは自由に調整でき、天井方向からの初期反射(early reflection)の到達時間や分布を変更できるようです。
なお、ラインアレイは天井の凹部に収納可能。

c0143750_1347017.jpg


wikiによると、室内における残響は次の2つの部分に分類できるそうです。
(分かりにくいので一部訂正しました。)

初期反射 (early reflection)
室内では直接音が聞こえたあと数ms から100msくらいの間に、、壁、天井、床などに1回だけ反射した音が、他の音から分離して聞くことができる。
これが初期反射である。
部屋の形状が直方体であれば1回反射は6個だけだが、より複雑な形状・または家具などがある部屋では反射音の数が増え、また壁などで複数回反射した音も聞こえる。
初期反射は直接音とまとめて、ひとつの流れの音として認知されるという。

後期残響 (late reverberation)
直接音が聞こえてから150ms以上過ぎたころには、音は多数回反射し、反射音の数も増えているため、もはや個々の音を区別して聞くことはできない。
また、音は等角反射するだけでなく、壁・天井などでも散乱されるため、残響の構造はさらに複雑になる。これらによって構成されるのが後期残響である。
このような後期の残響は方向・位相がランダムで指数関数的に減衰する音によってモデル化される。
後期残響は直接音とは異なる系統の音として認知されるという。
後期残響が直接音に対して、60dB減衰するまでの時間を残響時間と呼ぶ。
残響時間は、家庭などの小さな部屋では0.5秒程度、音楽用ホールでは数秒程度である。

c0143750_0145333.jpg


直接音、初期反射、後期残響の3つの要素は、デジタルリバーブのパラメータを眺めてみると理解が深まります。
デジタルリバーブは、入力信号を直接音とみなし、この直接音をベースにして初期反射と後期残響を各ジェネレーターにより生成する。
初期反射は直接音から少し遅れて、そして後期残響は直接音から遅れて開始される。

初期反射用ジェネレーターのパラメータは、直接音からの遅れ時間、空間の種類、空間サイズ、音源と仮想マイクとの距離、壁表面の材質、壁の拡散の度合いなど。
一方、後期残響用ジェネレーターのパラメータは、直接音からの遅れ時間、全周波数帯域の残響時間の長さ、周波数帯域毎の残響時間の長さ、残響の反射密度など。
初期反射と後期残響のパラメータの違いから両者の性質の違いが伺えるね。

初期反射用ジェネレーターと後期残響用ジェネレーターにより生成された初期反射と後期残響は、直接音に続いて再生される。
その際、直接音の音量に対して初期反射や後期残響の音量をどの程度にするのか、さらに、初期反射と後期残響の混合の割合なども設定することができます。

ベリンガーREV2496というデジタルリバーブを使用しています。
デジタル入出力ができるステレオリバーブなので選びました。
白ホーンシステムに接続してときどき遊んでます。
残響があると聴きやすくなるというか、音に厚みがあり心地よく感じるのは何故?

CDとサントリーホールでのコンサート、一番違うのは響き具合。
響きの乏しいCDでもデジタルリバーブで響きを補うとかなり聴けます。
多機能で複雑なREV2496を使いこなすためには修行が必要ですが、修行と言ってもコンサートの音を思い出しながらパラメータをいじるだけ。
これからしばらくはサントリーホールの音を追ってみたいと思います。


c0143750_13332793.jpg


















.
[PR]
by kiirojbl | 2010-04-05 22:14 | EV System
JBL HLA Series
これは2000年のEV社のカタログ。
このころはまだMTシリーズが残っています。
そしてフライングタイプのMTシリーズはラインアレイ型の台頭によりいったん表舞台から去ります。
c0143750_18195947.jpg

JBL PRO社は、EV社のMT-4AシステムがHLAシリーズの競合製品と考えていたようです。
下の表はHLAシリーズのガイドラインに掲載されていました。
c0143750_1820221.jpg


















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-12-03 18:20 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(8)
MTH-4やMTL-4のMTシリーズは屋外等での大規模PAに使用されるスピーカーシステムです。
MTシリーズのフライングマニュアルには、詳細な説明があります。
面倒なので読んでいませんが・・・
c0143750_13515492.jpg

1970年代からこうした大出力用PAスピーカーシステムのニーズが急増してゆきます。
この分野では、残念なことに、それ以前の時代のユニットや箱は80年代にほとんど放棄されてしまいます。

MTH-4AとMTL-4Aを組み合せると、MT-4Aというスピーカーシステムになります。
クロスは160Hz、1600Hz、10000Hzです。遮断特性はLinkwitz-Riley -24dB/oct。
46cmと160Hzでクロスですか・・・上は10000と・・・こういうのは参考になります。





















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-12-02 13:53 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(7)
このミッドベースホーンにはフェーズプラグがついているとか。
調べてみると米国特許4,718,517号の公報に掲載されていました。
FIG.5の断面斜視図が分かりやすいです。
c0143750_15521349.jpg

c0143750_15523063.jpg

c0143750_15524846.jpg

これも発明者はDavid E.Carlson氏。
出願日は1986年2月27日で取付け方の特許出願日の翌日です。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-12-01 15:52 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(6)
ミッドベースユニットの取り付け方については米国特許4,923,031号の公報に掲載されていました。
対向したユニットからの音波を三角柱状の反射板にぶつけるという方法。
なるほどです。これは擬似V字型バッフルと似たような考え方です。
c0143750_19391372.jpg

c0143750_19393248.jpg

発明者はDavid E.Carlson氏。
出願日は1986年2月26日です。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-30 19:39 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(5)
DL-10X(25cmコーン型ユニット)4発のミッドベースホーンの部分。
4発のユニットは2発ずつ向かい合うようにくっついています。
c0143750_17532494.jpg

これだけでは何も分かりません・・・




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-29 17:53 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(4)
MTA-42の構造は米国特許4,629,029号の公報に掲載されていました。
4つの枝管と本管の接続部分が独特です。
FIG.5の45度の角度の部分が「特殊な反射部」なのでしょう。
本管から見た枝管の開口はどうなっているのか見てみたいです。
c0143750_19131612.jpg

発明者はDavid W.Gunness氏です。
出願日は1985年11月15日。

自作するのはちょっと無理。
でも、ごさ丸さんなら・・・






















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-28 19:13 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(3)
高域及び中高域に使用されている多岐管型スロートアダプターはMTA-42
4つの1 3/8-18のねじ込み型ドライバーを2インチスロートに変換します。
c0143750_17503067.jpg

ドライバー同士を近接して束ね、それらを相補的配置し、また、分枝管に特殊な反射部を設けることにより位相整合を図ることができたそうです。




















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-27 17:55 | EV System
Electro-Voice MTH-4A(2)
内部はどうなっているかというと・・・
c0143750_18373817.jpg

















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-26 18:37 | EV System
Electro-Voice MTH-4A
エレクトロボイス社のマニホールドテクノロジーの続き。

MTLシリーズと組み合せる中高域用のシステムとしてMTHシリーズがありました。
このフラッグシップがMTH-4Aです。
c0143750_1540524.jpg

姿からは想像できないほど箱の中にはユニットがギッシリ詰まっています。
使用されているユニットは全部で12発!
c0143750_1541316.jpg

ミッドベース:DL10X(25cmコーン型)×4発
ミッド:DH2Aコンプレッションドライバー×4発
ハイ:DH2010コンプレッションドライバー×4発

これは猛烈なハイパワー用システム。



















.
[PR]
by kiirojbl | 2007-11-25 15:41 | EV System